人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

足利直冬は、父親の尊氏に嫌われていたという話があります。これはどういう心理なのでしょうか。
分析した本はあるでしょうか、ご紹介いただけると幸いです。
また、この点をテーマの一つとしているような小説はあるでしょうか、あれば読んでみたいと思いますから、ご紹介いただけると幸いです。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

▽最新の回答へ

質問者から

足利直冬は、足利尊氏の実子ということですが、父親自身が自分の子供と本当に認めていたのかどうか、わかりません。しかし、実子として扱うことを避けたいと考えていたのは確かだと思います。
しかし、周りには、尊氏の子供であると認める人もいて、尊氏の弟の忠義が自分の養子にします。しかし、その時点でも、尊氏は実子とは認めようとしなかったようです。
というわけで、尊氏は自分の子供としての扱いをしようとしませんでした。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ