人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

雨雲の中の水分は、高含水状態のときには、どの程度までになるのでしょうか。
地域によって豪雨の場合、1時間当たり50mmということはしばしばあります。
雨雲でも水分の多い雲、少ない曇があると思いますが、上昇気流と下降する雨粒が激しくせめぎあっているような状況にあるとき、一立方メートルの大気の中では、最大どの程度の水分が存在するのでしょうか。
http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/research/news/2015/20150225.html#fig3
2012年の記載:「雨がどこから降っているのか、降水を3次元的に観測する」というテーマですが、これは気象予測では非常に重要な課題だと考えられており、これを衛星から観測して明らかにしようという試みが以前から続いています。例えば日本では、米国との共同プロジェクトとして、熱帯降雨観測衛星TRMM(トリム)という衛星を使い、主に熱帯地方の降雨の3次元構造を観測しています。またこれの後継プロジェクトである全球降水観測計画GPMでは、降雨の3次元構造の観測を地球全体に広げようとしています。
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/feedback/ja/0085.html.ja

●質問者: hathi
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ