人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

画像を加工し、こういった画像を販売する場合など、その著作権はどのようになりますか?

例えば、元の画像をキュビズム(http://rocketnews24.com/2015/09/09/627817/)のようにソフトウェアで複雑に書き換えた場合、一般人の目には別物に思えます。また、単純にぼかしやモザイクをかけるだけでも同様です。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:ウェブ制作
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

・元の画像をキュビズム(http://rocketnews24.com/2015/09/09/627817/)のようにソフトウェアで複雑に書き換えた場合、一般人の目には別物に思えます。

一応、今までの判例では、「人が」「思想や感情を表現するために」「創作したもの」が著作権の保護対象とされています。漂白された美しい流木や夕日の光景そのもの(写真でなく現場)には感情がかき立てられますが人の手が全く入っていないので著作権の保護対象ではありません。ただ人がそれらの素材を組み合わせたり取捨選択して撮影・模写・模倣・模造した経緯があり、その結果物にも思想や感情が認められれば著作権になります。
上のキュビズムのソフトの例は「素材写真」と「画風」を組み合わせるときに人の選択が介在するので、結果物に著作権は生じ得ると考えられますが、グーグルロボットに拾わせた画像1000枚をグーグルロボットで拾わせた名画1000通りに総当たりでかけあわせて100万枚つくったものは、どうでもよい画像データの塊であり見ていて何の感情も感じられないとおもいます。
100万枚の合成後の素材から「よいものだけ」を選ぶ努力があってはじめて「創作を完成させた」といえるのでは。ただ、それを「ゴッホ「風」著作物」として売り出す場合、商標権・不正競争法などで訴えられる余地があり、さらに改変される側の写真についても元著作物の著作権がまだ切れていない場合は権利者に問い合わせ了承を得なければ公表できないものだとおもいます。ゴッホなどは死んで100年も経っているからいいのですが。←間違いでした。削除します

・おなじように、ぼかし後のものの感情や思想の表現についてもいえます。
みっきーまうすに機械ぼかしをかけたとします。ぼかし後もなんとなくみっきーとわからせるようにしたものは、それとわかる時点でみっきーまうす著作の「改変権」を侵害していると考えられます。みっきーと全くわからないものは、使用用途にもよりますが、単なるデータであって著作物性がないでしょう。


ところでこの宿題はどこで出されたヤツですか?
私もこの手の宿題やってるんですけどね…


匿名質問者さんのコメント
回答いただきありがとうございます。 理系の為か、残念ながらこういった課題は出されたことがありませんねー。判例を調べるのは大変そうですが、色々想像するのは楽しそうな課題ですね。単純にどこまで著作権が存在するのか気になったところです。 前者について、プログラムが優秀であれば、恐らく元ネタが分からないレベルで24時間作り続けることが可能に思えます。単なる組み合わせでも、優秀なプログラム(実は良い物のみ人がチョイスしているのかもしれませんが。ちょっと記事からだけでは分かりませんでしたが。)ですとこんな物が作れるようです。 http://googleresearch.blogspot.co.uk/2015/06/inceptionism-going-deeper-into-neural.html ミッキーについては、流石に昔からあるのでこれで抵触することはないでしょうが、理系でしたので、水分子がそれっぽく見えて仕方がありませんでしたよ。 水分子 http://articleimage.nicoblomaga.jp/image/17/2014/e/7/e7d0864459023e8cb321d527a4523c77abb7fbf41395788442.png 水素の原子核の電荷はプラス(+)、トレスは言い過ぎですが門外漢から見るとインスパイヤされているとしか思えないです。 http://japanese.engadget.com/2007/06/19/iriver-x-disney-mplayer/ また、チョイスが不十分とのことですが、課題となりますと、π(3.14・・・・)や乱数、適当に文字を並べ替えただけの文字列など上手く切り取ると素晴らしい俳句や文章になっていれば著作権があるのかなと疑問に思うところがあります。 例えばですが、全く適当に組み合わせた文字列(5・7・5)を大量に1ページずつ、ネット上にアップロードした場合、理論上は誰かが作成しそうな俳句もありそうな気がするのですよね?

匿名回答1号さんのコメント
πも、文字列も、もちろん無限につくれますし、乱数表としての用途はあるとおもいますが、「思想・感情」は表現されたことにならないし、だれかがその一部をググるまで、ただ、そこに存在するだけで、見いだされない性質のものです。ググったそのだれかこそが、本来の創作者ではないですかね。しかも「乱数表内にしかなかったなら、自分が一番最初にこの感動を見いだした」と考えるでしょう。 ちなみに、著作権は、「独占排他権」ではありません。偶然、同じ絵(写真でもいい)を2人以上が書いたとき、それが完全に偶然と証明されれば、2人ともその絵の著作者です。

匿名回答1号さんのコメント
理系でも、この手の授業が必要になっています。

2 ● 匿名回答2号

No. 1
> ゴッホなどは死んで100年も経っているからいいのですが。

改変する場合は違います。
http://homepage2.nifty.com/kujirada/2254jinkaku.htm
最終段落

なお刑事罰は現在もっと重くなっています。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ