人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

電子書籍(有料書籍)に関するアンケート

1.利用頻度は?
週に1冊、月に1?2冊、年に数冊とか、利用しようと思わないとか(利用しようと思わない理由を教えてくださると嬉し)、一回試したけどやめたとか。

2.今後
今後も買う。今後買う可能性はある。今後も絶対買わない。今後も絶対買わない気ではいるけど、世間の情勢(電子書籍でしか買えない本があったり、爆発的に流行ったり)次第ではどうなるか……

↓ここからは、2で買う可能性がありそうな人向け
3.大体の値段
500円とか1000円とか、紙より安ければ買うとか。

4.どこでどんなときに読む?
移動中、カフェ、ベッドの中で寝る前、リビングetctec

5.どんなジャンル?
実用書とか、小説の具体的なジャンルとか

6.思い出(あれば。)

7.思うところ(いわゆる自由記述欄)

とかを適当に教えてください。
あと、電子書籍は買わないけども、無料のネット小説読んでたり、新聞とか、ニュースとかはWEBで見るのに、本は買わないとかいう人がいればどうしてそうなのかのご意見いただきたく。

以上

●質問者: 只野迂舞某
●カテゴリ:人生相談 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

質問者から

ちなみに、わたしは……

■頻度
週に数冊買う時期もあれば、数か月買わない時期もある。

■今後
最近は本をあんまり読まなくなってるのと、無料のWEB小説読むのに忙しい。
でもずっと利用するとは思う。どうせ読んだら古本屋に売るタイプなので。よほどの名作以外は。

■値段
特にこだわってません。紙より安いと嬉しいけど、同じ値段でも買う。
割引セールとかあってもあんまり惹かれない。コミックとかの無料セールがあったらたまに手を出すけど、1巻無料とかで続巻をまだ買った事ない。それだったら漫画喫茶で読むタイプ。

■どこでどんな時
移動中とかは紙の本の方が好きなので、読むときは大体布団の中。

■ジャンル
エンタメ系から、ミステリ、たまに科学の本とか、主にはライトノベル。

■思い出
電子書籍を読むようになって、電子書籍を売るようになったのか。
それとも売るから、それを読むためにスマホにアプリをダウンロードして読み始めたのか思い出せない。

思い出とはあんまり関係ないけど、電子書籍で読んだ内容は紙で読むよりも記憶に残りにくいとかいうニュースが一杯見受けれらて、自分でもそんな気がしててなんとなく微妙。
あと、知り合いの作家さんとかが、出版した奴とかはお付き合いで買うようにしてる。

■思うところ
やっぱり紙という人はまだまだ多いでしょうし、わたしもケースバイケース。
でも、じわじわと広がっていくといいなと思う。
紙の本が無くなることはないだろうけど。(わたしが生きてる間くらいは)


1 ● なぽりん
●29ポイント

1.利用頻度は?
月に1?2冊

2.今後
今後も買う。

3.大体の値段
好きな作家なら値段と好きが比例する範囲なら買う(普通の単行本を3つに割ったような厚みと値段でだしてくれる人がいる)
他で買えなくて紙の慣習価格より高くない範囲までなら買う、
必要なパンフ類で紙より安いなら電子で買う、
内容が紙より不利(付録がつかなくなる、図表の細かいところが見えない、分厚い本でパラ見できないと閲覧性が悪い)場合は紙優先

4.どこでどんなときに読む?
なぽりんはくつろいで良い時間にはたいていパソコンの前にいるのでパソコンの大画面で見る。
最近スマホも手に入れたがゲーム専用機。一応風呂と雨天は端末が壊れるのでそれ以外でためしたことはある。

5.どんなジャンル?
A.作家さんのちょいとえろいマンガ(単行本として出版されるほどの内容でない薄い本)
B.試し読みや最新号が無料のもの

6.思い出(あれば。)
初代DSで読める名作図書館ソフトとか、ザウルスで読める本なんかも昔はあってな…
でもよくつぶれてますね、電子書籍ポータルが。


7.思うところ(いわゆる自由記述欄)
キンドルがやっぱり強い
青空文庫は正義


只野迂舞某さんのコメント
ありがとうございます。ちょいちょいの利用ですね。 確かに付録など(デアゴスティーニ以外でも)、電子書籍には無い魅力もあったり、端末やアプリによっては図が見にくかったりと、問題点や弱点もありますね。 kindleがPCで見れるようになったのも最近なので、そういう意味ではまだこれからの業界で、使用ケースも多様化していく前の段階のような気もします。 >青空文庫 そういえば、夏目漱石とか芥川りゅのすけとかエドガー・アランポー・とかはキンドルでも無料で出てたりしますね。 そっちが広まったら、どうなるんでしょう。

只野迂舞某さんのコメント
って、キンドルで出てるのも青空文庫さんの力だって今知りました。epubにして残して行けばこの先は大丈夫そうですね。何かしらで読めるから。

なぽりんさんのコメント
TPPで70年延長がかからなければ青空文庫はつぶれないのですが、かかればつぶれる可能性があります。青空文庫は、私立ですが、そろそろ政府の外郭機関にしてよいくらいのことをしてきているとおもいます。

2 ● Lhankor_Mhy
●29ポイント
利用頻度は?

月10冊ぐらい。週刊マガジンを電書で買っているので。

今後

今後も買います
シリーズ途中まで紙で買っているものは原則紙で、書店店頭で欲しくなった物はなるべく紙で、そうでなければ電書で買うようにしています。

大体の値段

安ければ安いほどもちろんいいけど、紙より少し高い程度ならまあいいです

どこでどんなときに読む?

空いた時間に。紙の本は主に入浴中に読んでます。防水携帯になったらこの時間も電書になるのかな?

どんなジャンル?

コミック>実用書>ラノベ

思い出

かつてラノベ作家志望だったころ、自分の作品をボイジャー社のT-Timeで電子書籍化してました。あれ、プラグインがあればブラウザで読めたんですよ。もう20年近く前ですかね……

思うところ

デバイス:iPhone6メイン ノートPCサブ
リーダー:Kinoppyメイン Kindleサブ
Kinoppyは読みやすいしリアル書店でもあるから応援したいです。
将来的にアーカイブ的に使いたいので串刺し検索ができるといいけど、それができるのはkindleだけだったはず。


Lhankor_Mhyさんのコメント
最近気になってるのはこれ。OOPでCSSベース組版できるやつ。 http://vivliostyle.com/ja/

只野迂舞某さんのコメント
ありがとうございます。 かなりのヘビーユーザーさんが現れたので驚いてます。もっと電子書籍って普及してないと思ってましたから。とはいえ、はてなユーザーの中ではそこそこの広がりを見せてるのでしょうかね。 (知らない人はkindleのスマホ用アプリがあることすら知らないでしょうから) Kinoppyもつい先日DLしてみたんですが、わたしは個人で出版できるとこに親しみがあるのでやっぱりkindle派です。koboも個人出版始まったようですが、まだ手は出していないのです。 Lhankor_Mhyさんが、セルパブ(セルフパブリッシング、個人電書出版)の先輩だったと聞いて驚きです。 ついでにかきつばた杯どうですか?

Lhankor_Mhyさんのコメント
>> もっと電子書籍って普及してないと思ってました << おそらく、マンガ読者かどうかによって感覚の違いがあると思います。 >http://tkw-tk.hatenablog.jp/entry/2015/07/17/024140> 紙コミック市場4%減少シナリオの場合、2019年には、2000年頃の市場規模まで回復しています。同時点で、紙:電子比は、6:4となります。 << たった数年後には電子コミックと紙コミック市場が同程度になると予想されています。 そして、「マンガはスマホで読むもの」という環境で育った子供たちが読書をするようになったとしても「本はやっぱり紙じゃないとね」と感じないだろうな、と予測しています。 つまりひとことで言うと、「慣れ」以上に読書体験の優越性が紙本にあるのか、ということについて大いに疑問がある、というのが個人的な見解です。

3 ● a-kuma3
●29ポイント

1.利用頻度は?

2回だけ使ったことがある。
一番最近はこの質問のときに「こころ」を読んだ。
後、ずーっと前に海野十三の何かを一冊だけ読んだ。
どちらも青空文庫。

2.今後

積極的に買うことはないと思う。
やっぱり紙媒体の方が好き。

3.大体の値段

紙より安くないと買わないと思う。
電子媒体でしか出てなくて、とても読みたいものがあれば同額を出しても良いとは思う。

4.どこでどんなときに読む?

電車の中。
紙媒体と同じ場所、タイミング。

7.思うところ(いわゆる自由記述欄)

「こころ」のときには、読もうと思ったときにすぐに読める、というのはとても便利だなあと思った。
でも、探してる本がなかなかなくて、古本屋をぶらぶらするのも楽しい。

しばらくぶりに読んだ「こころ」は、前に読んだときと印象が違った。
電子媒体だったからなのか、歳を取ったからかなのかは不明(多分、後者)。

後、海野十三のようなのは、紙で読もうと思っても、手に入らない。


只野迂舞某さんのコメント
ありがとうございます。 試してみようという人は居ても、なかなかきっかけがない。 そんな時に、無料の本は手が出やすくていいですよね。 紙の本は紙の本で、古書は古書で、電子書籍は電子書籍でとしばらくは棲み分けが続きそうですね。 ただ、電子書籍が普及しちゃうと(紙派が圧倒されちゃうと)、過去の作品の復刻版みたいなのがあんまりでなくなってちょっと寂しいかもと思っちゃいました。(それとも、プレミアとかお得感付けてでも売ったりするのかな? コレクション用に)

a-kuma3さんのコメント
復刻版が電子媒体で、というのはよさげなパターンです。 流通のコストが低いのだから、それほど数が見込めなくても、とかね。 たまに見るけど、如何せん電子入稿したものじゃないとやりにくいからか、あまり昔のが無いのがなあ...

只野迂舞某さんのコメント
著作権切れる前にでも、署名? 予約? 集めて一定数(ペイできるだけ)クリアしたら復刻とかいう仕組みにしたら捗りそうですね。もうやってるとこあるかもしれませんが。 自身、電子書籍売ってみて思ったのは編集校正って意外と大変だけど、人件費はそんなにかからんよなあ、、、って感じです。(質を上げるための編集にはカネと時間かかるけど、誤字みるぐらいなら数人日でできそう。仮に10万かかったとしても、500円で売るなら……)

4 ● miharaseihyou
●29ポイント

利用頻度は全くなし。
今後も利用する予定無し。
普通に本を買った方が安い。

特に、「画面の質が悪すぎ」て「画面も小さく」て目に良くない。
実体の書籍と全く同程度に目に優しい電子書籍はソフト段階からして皆無だしね。

ついでに言えば、出先で本を読むことはほとんどない。
新聞や雑誌くらいは読むけどね。


只野迂舞某さんのコメント
ありがとうございます。 技術が進歩して、画質、画面、視力に与える影響その他が改善されたら時代が変わってしまいそうな意見だともとれました。 今の若いこはもっと本離れが進んでて、逆にスマホ中毒とかなので、この先どう転ぶか見ものですね。

miharaseihyouさんのコメント
進化した電子書籍が実体の書籍よりも安価に提供されるのなら考えるべきでしょう。 電卓の画面が進化するような感じかな。 より精密に、より色彩に忠実に、より安定した、より大きな、より手軽な画面ですね。 更に言えば、以前、何代目かのガンダムに出てきた、中空に引き出して使えるようなのだと最高です。 普段は細い巻物スタイル。 中古のソフトが安く提供される事も必要。 今のスマホ中毒の人には全く期待できませんね。 ゲーム感覚で、単純な思考で、パターンが揃っている。 性能の悪い機械のようなもので、平均して稼ぎが悪いから、遅かれ早かれ淘汰されてしまうでしょう。 情報に対する欲望を自己管理できる人が生き残ると思います。

只野迂舞某さんのコメント
>スマホ中毒 ゲームをピコピコやってる人とか、ツイッタとかlineのSNSばっかの人とかは除外するとして、結構今の若者も、WEB小説(素人が書いたやつとか)読むんですよね。アニメの虹から始まって、一次に行ってそれは結局ラノベだけど活字を読む文化があるから、そのうち一般小説っぽいラノベに行って、ひょっとしたら文学にたどり着くかもしれない。 スマホ中毒を挙げたのは、紙媒体よりも電子になれた世代が今後の世界を作っていくのだろうという意味でした。 わたしが子どもの頃は携帯できるものってせいぜいゲームボーイの白黒でしたからね。

1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ