人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「php.ini」(その他「httpd.conf」「main.cf(postfix)」等の各種設定ファイル)の構文エラーを効率的に見つけるにはどうしたら良いでしょうか?

昨日phpの内部エンコーディングをEUCからUTF8に変更しようとしたのですが、php.iniを修正しても変更されずにかなりの時間ハマってしまいました。

時間がたってから、php.ini内で、下記のようにダブルクォーテーションが片方しかない行があるせいだとわかり解決はしました。

apacheを再起動したときなどにエラーメッセージが出ないので、エラーの存在に気がつくのに苦労しました。今後別のエラーがあった場合に、1行1行見ないと行けないのでは大変です。

どうしたらこの種の設定ファイルの構文エラーに効率的に気がつくことができるでしょうか?

エラー内容→
default_charset=UTF-8"
mbstring.internal_encoding=UTF-8

●質問者: tetlis
●カテゴリ:コンピュータ ウェブ制作
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● TransFreeBSD
●100ポイント ベストアンサー

設定ファイルの構文はアプリケーション毎に違ってくるので、確認方法もアプリケーション毎になると思います。

httpd.confはapacheにチェック機能があります。
http://httpd.apache.org/docs/2.4/configuring.html#syntax

postfixは明示的なものが探せませんでしたが、postconfでエラーが出たりしないでしょうか。
-cオプションや-vオプションなどが使えるのではないでしょうか。
http://www.postfix-jp.info/trans-2.3/jhtml/postconf.1.html

phpはcli版を使い、-cオプションや-iオプションを使うとどうでしょうか。

また、シンタックスハイライト機能を持ったエディタを使えば、編集時に気付くことも多いかと思います。


tetlisさんのコメント
自分で探すときや、他のアプリケーションの時に応用が利きそうです。分りやすい説明ありがとうございます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ