人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

塩分摂りすぎ、塩分不足のついて、どう判断するとよいでしょうか。体調でわかるのでしょうか。
水分については、よく言います。ところが汗をかきすぎたとき、水分補給するという話の際、塩分も必要だというのですが、どの程度必要かよくわかりません。

ミネラルやビタミンならば摂りすぎた場合、排泄させるから、どんどん摂取すればいいのだろうと思います(もったいないけれど)。ブドウ糖は摂りすぎると糖尿になります。
さて、塩分はどうかんがえたらいいでしょうか。

(私は、食生活では塩分をなるべくとらないように、しています)
同じものを食べて、塩辛いと感じたときは、塩分がたまりすぎているのだろう、
そのくらいの感覚で生活しています。)


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

塩分は主要なミネラルですが、摂りすぎた場合は排出されます。
ただ、排出されるとは言っても、毎日だと内臓へのダメージが大きい。
毎日の食生活で塩分過多の食事だと、特に肝臓に負担が掛かります。

肝機能の低下は身体全体の代謝を落としてしまう結果になります。
つまり、同じ量の食事を続けていても肝機能の低下と共にカロリー過多になって太ってしまう悪循環に陥ります。
また、ホルモンなどにも影響して高血圧の原因になると言われています。

食生活は特定の要素だけでは健康的であるかどうか判断できません。
毎日の代謝(つまり使うカロリー)や汗の量、健康状態にも影響されます。
あなたが健康であって体重管理も適正にできているのならば、あなたの感覚も食生活も健全であると言えるでしょう。


2 ● 匿名回答3号

体内の塩化ナトリウムの濃度/量を簡便に測れる指標、検査方法は… - 人力検索はてな
こちらで似たような質問に答えています。
塩分が少なめがよいのは、本態性高血圧(その人の当たり前の状態(年をとっただけなど)で高血圧になり、血管を保護するために食品中の塩分を減らす必要がある)人だけで、
普通?低血圧の人に塩味がしないご飯をたべさせるのは虐待に等しいですんでやめてください。
だるいです。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ