人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

配色の黄金比70:25:5 についての質問です.
この比率は,webクリエイター等の検定試験に出題されたり
web上でも基本的な知識として広く紹介されています.

この値がどこから来たのか気になっています.
ゆいいつ,yahoo知恵袋で質問に挙がっていたものに
ざっくり回答が寄せられていましたが,
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1099991185

これ以上のものが見つけられません.
もしご存じの方いらっしゃいましたら,教えていただけると
うれしいです.

●質問者: mimio17
●カテゴリ:ウェブ制作 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● adlib
●300ポイント


法則の条件 ? いつでも誰でも何度でも立証できる ?

>世の中のありとあらゆるものにこの法則はあてはまります<
このような断定表現は、まったく信用できません。たとえ他の部分が
正しくても“出典:Wikipedia”とあるように、コピペにすぎないのです。

はたして、以後の記述も、どうして面積比を逆算したのか不明です。
http://sole-color-blog.com/blog/design/6/ Web配色の黄金比
最低限覚えておきたいWEB配色の基礎 | それからデザイン スタッフブログ

どんな人が認定して、どれほど就職の実績があるのか、よく分らない。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/017/attach/1301884.htm
検定試験の自己評価シートについて 文部科学省

…… 全国の教育機関との強固な連携により、平成24年度の認定試験実
施会場は、約1,500会場
http://www.sikaku.gr.jp/other/faq/ サーティファイの認定試験

…… 黄金比に関する記述は、ほとんど迷信であり、後づけ理論にすぎ
ない。日本の美術学校では、以上を理解できる学生が5%、説明できる
教師は20%未満とみられる。

http://q.hatena.ne.jp/1348585303#a1169658(No.6 20120927 08:35:11)
憂国図学 ? 平面デザイン入門 ?
http://d.hatena.ne.jp/adlib/19600204 数学的授業 ? 佐藤教授講義録 ?

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n361505(20150923 03:38:09)
色彩論・色彩学・色彩心理学に関するQ&Aノート


adlibさんのコメント
誤解の原点 ? 面倒な説明が苦にならない人々のために ? 配色の黄金比 70:25:5 は 100=70+25+5 を因数分解すると 20=14+5+1 (本来の黄金比 1:1.618 は A:B=B:(A+B) で無限に発展する) …… 線分を一点で分けるとき、長い部分と短い部分との比が、全体と 長い部分との比に等しいような比率。1対1.618をいう(コトバンク)。 || …… A:B=B:(A+B)の関係をいい、その比率はA:B=1:1.618です。 http://dessin.art-map.net/technic/level18/02.htm 本来の黄金比は、数学的に意味はあるが、自然の事物には関係がない。 配色の黄金比は、数学的に意味がなくて、自然の事物にも関係がない。

mimio17さんのコメント
ご回答ありがとうございます. やはり,数式的な法則を持ち合わせているのではなく 最適な,等のニュアンスの値であり 有識者(?)の経験則とか, 前述のように調査の統計的な分析で得られたとか (これの出典元が知りたかったのですが‥) そのようなことなのですかね.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ