人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

戦後民主主義を、「戦争に敗れた後、戦勝国主導で作られた疑似民主制。普通選挙が行われて代議士が選ばれ、議会が運営されているにもかかわらず、議会に政治的決定力がない。国民は厭戦・反戦気分で、国家不信や夢想的平和思想に染められている。」と定義した場合、これはドイツにもあてはまりますか。ドイツの戦後の民主主義や国民性について、このような視点で分析している本があれば紹介してください。

●質問者: ShinRai
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● adlib
●100ポイント


さらば、書籍 ? 百読は一見に及かず ?

日本は建国以来はじめての敗戦ですが、ドイツは二度目の大敗です。
第一次大戦後に、国家予算の二十年分の賠償金を課したのは、政治家
ではなく、祖国なき金融屋だったと、ケインズが語っています。

── 《新・映像の世紀 20151027 24:10-25:25 NHKスペシャル》
(いまや録画しなくても、いつでもどこでもパソコンで観られる)
http://linkis.com/www.youtube.com/vb0hr

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20031223
再々放送 ? やっぱりテレビ ?
https://twitter.com/awalibrary/status/647714715863400448

罪と罰 ? 読まない者とは語れない、読んだ者とは争えない ?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8118039.html(No.4 20130604 04:30)
誤手順 ? 読まない本を薦める回答者、読まずに感謝する質問者 ?

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ