人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

世界の危機を救え!!
私の知らない世界崩壊のシナリオを教えて。

SFと称する分野の、特に映画部門では、同じシナリオが使い回しされているとのうわさです。

普通の日常生活をしている主人公が、たまたま偶然”何か”と出会う。(人、生物、物、情報、先祖、宇宙人…)
その”何か”の存在を認めると同時に、世界が崩壊しつつあることを知らされる。
そして、”何か”は主人公に告げる。
「世界を救えるのは、君だけだ!」
”何か”と主人公は、世界を救うために奔走し、世界は救われる。

その、世界の終わり方と防ぎ方を紹介して下さい。(防ぎ方の方は、ラストのネタバレしない程度で結構です)

いろいろ注釈ありなので、補足をご覧ください。

●質問者: たけじん
●カテゴリ:ネタ・ジョーク 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

質問者から

既知のものがあるので、できれば避けていただきたい。
・指輪物語(冥王による支配が指輪で確定する。→指輪を渡さないのが世界を守る術)
・ファンタスティックフォー銀河の危機(2007年映画版:星を食べちゃう奴が来る。→そいつを殺るしかない)
・ハワード・ザ・ダック(映画:暗黒魔王がやってくる→暗黒魔王が来る道を除去)
・ダーククリスタル(映画:悪の種族が復活する → 復活させる装置を破壊する鍵を持って行く)
・幻魔大戦(アニメ映画:全てを破壊する幻魔がやってくる → とりあえず阻止)
・天空の劫火(小説:地球に惑星破壊兵器が投げ込まれた → 破壊を阻止)
・ネバーエンディング・ストーリー(映画:本の中にある世界が無くなってしまう→勇者を支援して破壊を阻止)
・スターウォーズエピソードIV(映画:デススターによる惑星破壊→デススターを壊すんだ!)
等々。ま、書ききれませんが、あんまり新しいのは知りません。

ここで、条件です。
ファーストガンダムの様な、世界の破壊を目的としていない敵との戦闘の場合は、世界が破壊されないので除外します。
ショッカーの活動レベルの「世界征服」は、世界の破壊には結びつかない(ショッカーの支配下でも、あんまり日常生活が変わらなそう。ドクーガの世界は既にほぼ支配下で日常)ので除外。
敵の目的が特定個体の破壊を目的としてる場合は除外(派生効果で地球が破壊されるのは除外したい)ザンボット3・ダイターン3、エヴァンゲリオン等は除外対象です。
境目は、ガミラスの侵略が含まれる、としましょう。(地球市民は全員放射能で死亡することを計画していたのですよね)
このままでは、地球人類はダメかも、と観客・読者が推測するのは除外。明確に地球や人類や世界が崩壊・破壊・滅亡すると誰かが断言しないとダメ。→ジュラシック・パークは除外。汚染系が難しいですが、遊星からの物体Xは除外(とりあえず、極地限定だし)アンドロメダ…も除外、ザ・スタンド(キング)や復活の日(左京)は世界滅亡の条件としては合格とします。

妖星ゴラスの様なワクワクする系も、地球上全エネルギーを消費するタイムマシンのようなちょっとがっかり系、も大歓迎です。


1 ● miharaseihyou
●30ポイント

現役の作家では「小川一水」にそういうのが多い。

導きの星〈1〉目覚めの大地 (ハルキ文庫―ヌーヴェルSFシリーズ)

導きの星〈1〉目覚めの大地 (ハルキ文庫―ヌーヴェルSFシリーズ)



人類の世界が徐々に縮小していくお話し。
拡大できる余地がありながら内部で退化していく人類。
出口はあるのか?

太陽の簒奪者 (ハヤカワJA)

太陽の簒奪者 (ハヤカワJA)



異星人の自動機械が太陽を覆い尽くすお話し。
冷えていく地球。
圧倒的な技術力の差。
人類は生き延びることができるのか?


マンガ家では「外園昌也」に幾つかある。

Voice 2 (ジェッツコミックス)

Voice 2 (ジェッツコミックス)



心理的に退廃して滅びゆく人類。
人々の心を癒すヴォイスの歌。
突然にいなくなる彼女。
世界に希望はあるのか?

琉伽といた夏 1 (ヤングジャンプコミックス)

琉伽といた夏 1 (ヤングジャンプコミックス)



巨大粒子加速器の実験で、予期せぬ効果により破壊される世界。
実験を阻止するために未来から来た犯罪者、そして犯人を追ってきた戦士。
世界に未来はあるのか?
・・・この人はその手の作品が多い。

数十年前の海外SFには異星人との戦争で滅びそうになる人類を題材にして作品が多い。
エンダーのゲームとかバベル-17とかね。
たいていは助かるんだが・・・。

他にもナウシカなんかそうだし、地球へ・・とかもあったな。
滅びゆく世界と救世主伝説。


たけじんさんのコメント
小川一水や野尻抱介を読まずして、現代SFは語れないんだろうけど、未読です。この辺から読んでみましょうか。素粒子関係で世界が崩壊するので、未来から過去へ干渉するって、未来からのホットライン系ですね。 ナウシカの大海嘯は、世界崩壊の一方式ですねぇ。

2 ● サディア・ラボン
●20ポイント

https://www.youtube.com/watch?v=j5PRLAmOwEQ

青山剛昌さんの、
夏のサンタクロース
は、

最強の軍事衛星を動かすカードが、
テレホンカードにそっくりで、
彼女にふられた人が、そのカードを拾って、
お酒を飲んで
「二度と電話しないでね」と言われていたので、
「電話してやろうじゃないか」と言って、
そのカードを公衆電話に入れて、電話をしたら、
軍事衛星が動きます。

衛星の持ち主は、
電話をした人に、もう一回同じ所に電話して下さいと言うけど、
酔っ払っていたので、覚えてなくて、

衛星の持ち主は、
電話番号を思い出させようとして、
何でもします。


たけじんさんのコメント
その、テレホンカードという設定が、どうにも納得できるレベルではないような… 暴走する兵器という分野は、その破壊力が問題ですね。世界が保有する核ミサイルを全部発射して、やっとこ核の冬を迎えることができるようなので、地球人類の滅亡に結び付けるのがなかなか…

質問者から

それ、世界の崩壊って言っていいの?
とか、
世界を救うんだ!っての、何か勘違いしてない?
という類の、情けない系ってないですかねぇ。


3 ● 吉野サクラ
●20ポイント

萩尾望都の「スターレッド」はいかがでしょうか。
(佐藤史生をご存じの猛者ならすでに既読の気もしますが)

対象は地球ではなく火星。火星では世代を経るうちにより協力な超能力を持つ子が生まれるようになり…
地球政府は弾圧を行うのですが、実は火星に超能力者が生まれるのには理由があり、その理由をめぐってXXは火星そのものの破壊をもくろむ…
素晴らしい作品なのでネタバレ惜しいですが。






結局は火星の崩壊は止められないですが、主人公のパートナーの犠牲?により希望を残す余韻のエンド。


たけじんさんのコメント
おお、スターレッド。萩尾望都って、普通以上にSFを表現できる作家だと思います。竹宮恵子、山岸涼子と3人合わせて、少女マンガに埋もれるのはもったいないと思ってました。 設定と、絵の美しさと、話の規模が特に望都さまは際立っていて。 あじまのパロディが良かったなぁ。→既読ですが、忘れてました。どうもです。

吉野サクラさんのコメント
やはり既読でしたか! 萩尾望都のSFで世界崩壊系は、SFマガジン連載の「銀の三角」が美しいです。 最も精緻な絵柄の時代の作品ですし、SFガジェットてんこもりで楽しい。 終末感ただよう雰囲気がちょい光瀬龍っぽく、少々難解であらすじを言うのがかなり難しい作品。 最近の作品だと、水上 悟志の「スピリットサークル」が白眉です。 生れ変りものかと思いきや、未来の転生?が出てきて一気に終末モノの気配が… ミステリー仕立てで、まだ完結していないこともあり先が楽しみな作品です。

1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ