人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

インフルエンザの予防接種は、筋肉注射と皮下注射どちらですか?
また、インフルエンザワクチン接種後は注射部位を揉むべきですか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

皮下注射

インフルエンザの予防接種などは皮下(皮膚の下の脂肪層)に薬液を注入します。その注射のお話です。

「もんだほうがいいですか?」
「今日は風呂に入っていいですか?」

当院では5年くらい前から「もまない」「風呂はいい」と接種後に説明してきていますので、最近ではあまり聞かれなくなりましたが、標準的な日本人は、注射を打たれると同時に、この2つの質問を発するようにプログラミングされているようです。

さらに、興味深いことに、その質問を受けた医者や看護婦が、「注射のあとは、もまなくてもいいですよ」、「今晩はお風呂も入ってかまいませんよ」と答えると、注射を打たれた人々は一様に怪訝そうな顔をされます。

つまり、日本人にとって、注射のあとは「しっかりもむ」、「風呂には入らない」というのが「常識」であり、それを医療者に否定されることがおもしろくないということでしょうか。


2 ● 匿名回答2号

現在、日本で受けるインフルエンザの予防接種はすべて皮下注射です。
http://medley.life/questions/item/561783315595b3ad0b796672

皮下注射によるワクチン接種後は注射部位を揉んではいけません。
つまり、インフルエンザの予防接種後は、揉まないようにしてください。
皮下注射の場合、注射部位を揉むことによって腫れや痛みが強くなることがあります。
http://medley.life/questions/item/561791d95595b38c0b796769

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ