人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

なぜ、「抜けにくいイヤホン」は作られないの?
ちょっと引っ張ったり引っかかったりしただけで、耳からとか端末(PCとかスマホとか)からとかすぐに抜けて不便です。
どうして、抜けにくいイヤホンは作られないのでしょうか?
それとも、私が安物ばかり使うから抜けやすいだけで、値の張るものなら抜けにくいのでしょうか。
イヤホンが世に出回って長く経つのに、いつまでも改善されないのが不思議でなりません。
理由をご存じの方がおられましたら、教えてください!

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:家電・AV機器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答4号
ベストアンサー

抜けた方がいいと思いますよ。
抜けやすすぎるのは困ると思いますが。

イヤホンが抜けなければ
ケーブルが切れるかイヤホンジャックが壊れるかになるでしょう。
イヤホンが抜ける方が害がないと思います。

私の経験で
喫茶店でコーヒーを飲みながらスマホを机に置いて録画した番組を見ていて
立ち上がる時にうっかりイヤホンでつながっているのを(スマホを持つのを
忘れると)イヤホンのケーブルにひかれて
「ヒューン」とスマホが飛んでしまうことになります。

幸いまだスマホが壊れた経験はありませんが
運が悪ければ壊してしまうでしょう。

イヤホンが抜けるとか、ケーブルが切れるとかになってないと
本体側が壊れることになるでしょう。
ですから差しさわりのない部分が抜ける壊れるという設計で
ないとまずいと思います。

イヤホンがすぐに抜けなくて耳の穴がちぎれるかと思う
痛みがあったこともありますし。
どう思いますか?


匿名回答4号さんのコメント
BTのイヤホンは便利だと思います。 何度も使っていたことがあります。 BT接続の問題点の一つは外れることです。 BTヘッドセットを使っていた時に こけた衝撃でヘッドセットが外れて飛んでしまい。 水没して壊したことがあります。 この次試す場合は両耳型を試そうと思います。 またBTの問題点はバッテリだということです。 通勤の間ぐらいは持っていたと思いますが。 遊びに行っている間中音楽を聴いていると帰るまで持たなかったと思います。 http://pur.store.sony.jp/headphone/products/MBH20/MBH20_product/ #連続待受時間: 最大300時間、連続通話時間: 最大7時間 http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-AS600BT/ #?連続再生最大約8.5時間 2台のヘッドセットを買って 一台ダウンしたら交換して、充電するというような工夫が必要ではないでしょうか。 BTヘッドセットで魅力的な点はマルチポイント対応だと思います。 質問者さんは必要ないかもしれませんが マルチポイント対応の物を買うと複数のスマホなどのスマートフォンの同時待ち受けが可能に なります。

2 ● 匿名回答5号

端末との接続に関しては、下のコメント欄でも出ているように、
Bluetoothの無線接続を使えば解決します。
自分でも使ってますが快適です。
安いものなら3000円台からあります。

それでも満足できないのであれば、クラウドファンディング商品ですが
あなたの耳穴の形に自動変形するイヤーチップ採用BluetoothイヤホンRevols
Revols|海外通販のRAKUNEW(ラクニュー)
とか
音楽も聴ける極小サイズのBluetoothイヤホン「Dot(ドット)」
Dot|海外通販のRAKUNEW(ラクニュー)
とかがあります。
どちらもそれなりのお値段ですけどね。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ