人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

エアコン10年ほど使っている人に質問させてください。壊れたりして、また、壊れてなくても性能や効率の件で、買い替えを考えると、今は、専用の電気コンセントが必要なんでしょうか。10年前は、そういう話はなかったのですが、最近は、専用コンセントが必要だという話をちらっと聞いたのですが、正確かどうかわかりません(建設省のホームページを見ればいいのかもしれませんが)。
専用コンセント作るのは、家の工事が必要で、年収が少ない人は大変困ります。また、借家の人も困ります。
この専用コンセントの話は間違いでしょうか、また、今後のエアコン買替について、助言あれば教えて下さい。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:家電・AV機器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答2号

借家の場合は、一般的にエアコンの交換は、大家さんの仕事なので、借主は、工事について心配する必要がありません。(勝手に工事すると、契約解除+現状復旧費用請求されます。)

自宅の場合は、家電量販店の工事セットの説明に納得できない場合は、地域の電気保安協会もしくは、国民生活センターにお問い合わせください。
ちなみに、一般用電気工作物の保安規制は、経済産業省が管轄官庁です。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます! 管轄の官庁は、経済産業省だったのですね。それでは、そこのホームページを調べればよさそうですね。 借家の場合、コンセントの状況の問題で、電気工事してもらえない、つまり、エアコンが付かないと、こちらは寒い思い(暑い思い)をしてしまいます。大家さんが対応してくれないと、借家人としては、新しい借家を探すしかないのでつらいところです。とにかく、経済産業省のHPを見るか、地域の保管協会のHPを見るか、事前に予備知識を入れて対応したいと思います。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ