人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

神という概念を持たない文化は存在しますか?
我々人類はこれまでの歴史の中で国や地域によって様々に異なる文化を営んできましたが、そうして出来上がったどの文化にも神という概念(あるいはそれに近い存在の概念)があるような感じがなんとなくします。そこで、神という概念を持たない文化は存在するのか気になりました。もしあるのであれば、簡単に紹介して頂けたらと思います。


●質問者: ひろちゃん
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● meefla
ベストアンサー

お尋ねのものに最も近いのは、南米アマゾンの先住民族、ピダハン族(ピラハー族)でしょう。
ダニエル・L・エヴェレット著の『ピダハン 「言語本能」を超える文化と世界観』(みすず書房)に書かれています。

ピダハン族には「精霊」という概念はありますが、それはあくまでも目に見えるものの形を取ります。
ジャガーとか木とか人間とか。
そして、精霊を統べる上位の精霊(つまり神)という概念はありません。
従って、「創世神話」というものも存在しません。
と言うより、ピダハン語の文法には現在形しかなく、過去形と未来形がないのです。
また、右と左の概念とか、色の名前とかもありません。

ダニエル・L・エヴェレットは宣教師としてピダハン族と暮らし始めましたが、彼らには神が必要ない事を悟り、無神論者になったそうです。

以上、ごく簡単に。

Pirahã people - Wikipedia, the free encyclopedia

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ