人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

次の内容は、栄典制度(勲章とか、官位とか)、今の日本の制度のことです。
(1)この基準は、日本政府が外国人に授与するときも適用されているのでしょうか。
(2)他国はどうなのでしょうか。
(3)日本人でも、皇室の方は、例外だと思います。なぜなのでしょう。
(4)戦前は違ったルールだったと思いますが、戦前のやり方がよくないと判断したのでしょうか。実は、本当は、GHQの指導があったのでしょうか。

下記は内閣府のホームページからです。
叙勲は生涯にわたる国家や社会に対する功績を総合的に評価して行われるものであることから、受章年齢については、生涯における功績がある程度固まった時期をとらえて表彰するという考え方に基づき運用されている。
このような考え方から、現在、春秋叙勲においては原則として70歳以上の者が対象とされている。ただし、危険性の高い職務、精神的・肉体的に苦労の多い職務、あるいは人目につきにくい領域で多年にわたり業務に精励した者については55歳以上の者から対象とされている。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ