人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

戦争状態での法規ですが、国際法上はどうなっていますか。第二次大戦中です。?交戦状態の相手国の軍人を戦闘行為で殺害すること。?交戦国状態の相手国の民間人を戦闘行為の中で殺害すること(巻き添えということです)。?相手国の軍人や軍人以外の人(政治家、役人、一般市民、また、不特定多数の人)を狙って殺害すること。?軍事施設を攻撃する中で、そこにいる軍人民間人を巻き添えで殺害すること。?民間施設(軍需工場を含む経済施設)を攻撃する中で、軍人を殺害すること(巻き添えということなのか、整理が難しいです)。?民間施設(軍需工場を含む経済施設)を攻撃する中で、民間人を殺害すること(巻き添えということなのか、整理が難しいです)。?普通の施設(住宅や公園とか、道路)を攻撃して軍人やそのほかの人を殺害すること(これは、上述の?と同じかも)。たぶん、??は全くOKなのだとは思います。
よろしくお願いします。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

▽最新の回答へ

質問者から

(大戦中、米国は、ドイツの科学者のハイゼンベルクの暗殺を計画したとか、英国が、ロンメル将軍の暗殺を実行(失敗)したとか、聞いたので、上述の質問をしようと思いました。連合艦隊司令長官の山本長官機の撃墜は、実は、殺害を狙っての行為だと思いますが、これはどうなのでしょうか。ついでにご回答あれば幸甚です。)


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ