人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

社会保険控除について
個人事業の場合、国民年金、健康保険は個人が全額支払い、確定申告で全額、社会保険控除になります。
一方、法人成りした場合、半分を法人が支払い、半分を個人が支払います。
この場合、社会保険控除はどうなるのでしょうか?

?半分を個人の確定申告で社会保険控除する
?それ以外

?の場合、金額はどのように証明するのでしょうか。
法人は保険料納入告知額・領収済額通知書が送られてきていますが、これで証明するのでしょうか?
保管しておくべきと思いますし、零細企業ではよく分かりません。






●質問者: RX7FD3S
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

質問者から

国民年金の支払い証明書のことですか? 厚生年金は無いようですが、あるのでしょうか?


1 ● 吉野茉莉
●100ポイント ベストアンサー

個人の給与から引かれた分は個人の所得税として確定申告の控除対象に、
法人が支払った分は法人の法人税としての損金対象になると思います。
厚生年金や健康保険料は個人の確定申告では証明書は不要です。
法人支払分については、損金の証明として保管しておいてください。


RX7FD3Sさんのコメント
回答ありがとうございます。証明書は不要ですか。 そこが少し気になっています。 無いと税務署は確認できるのか。

吉野茉莉さんのコメント
個人負担分の厚生年金および健康保険料については、給与天引きのはずなので、 法人が発行する源泉徴収票に記載されていますから、 その源泉徴収票の添付をもって証明したとみなされます。 ですから、法人成りで従業員が自分しかいなくても、 自分に給与として支払った分としての源泉徴収票はきちんと発行してください。

RX7FD3Sさんのコメント
ありがとうございます。 大変参考になりました。感謝致します。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ