人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

聖書ですが、教会によって違うものを使っている筈かと思ったのですが、どうなのでしょう。カトリック、英国の聖公会、ハリストス、また、新教の教派などで、外典・偽典などの違ってくると思うのですが。米国の新教教派もたくさんあり、欧州とは少し違っているような印象もあります(英国聖公会と米国聖公会とか)。
実は、知人が通っているミッション系学校で、彼は、課外活動として「カトリック研究会」に属しているのですが、使っているのはカトリックの聖書ではないみたいです。
欧米ならば、宗派教派ごとに、何を含めるか、教義に沿った聖書があるけど、
日本語聖書だと、宗派教派問わず、すべて同じものを使っているのでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

質問者から

教会に置いてある歌の本は、どうなのだろうと、思っております。少しは違うのでしょうか。


1 ● 匿名回答4号
ベストアンサー

いくつかの訳があります
新共同訳:カトリック・聖公会・プロテスタントの一部
新改訳:プロテスタント福音派が主に用いている
口語訳:著作権が切れているので様々なところで使われています
岩波訳:学術用途がメインでしょうか、教会での使用はあまり聞きません(比較には使う方は多いでしょう)
文語訳:明治時代に欽定訳聖書からの重訳で翻訳されたもの。格調高いですが、現在教会での礼拝にはまず用いないと思われます。
フランシスコ会訳:カトリックの修道会であるフランシスコ会が訳したもの。多分礼拝には新共同訳を用いていると思うので、昔の訳でしょうか?
リビングバイブル:厳密には翻訳ではありません。聖書の参考書(?)

手元には岩波訳以外はあります。
他に、ケセン語訳という気仙地方の方言に訳された聖書も存在します(カトリックの歯医者さんによる訳、欲しいのですが高いので、持ってません)


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございました。共同訳と新改訳のふたつのものが、一般に普及しているような印象を受けました。まったく、状況がよくわかってなかったところ、こういう二つの流れがあることがわかり、大変ありがとうございました。 岩波訳ですが、大都市の図書館に行き、見てみようと思います。翻訳された時期からみて、口語訳だと推測しております。旧約は関根氏、しかし、氏が訳したものすべてが岩波文庫に収録されたわけではないようでした。また、新約は塚本氏の訳だそうですが、氏が訳されたものすべてが岩波文庫に収録されたわけではないようでした。いまは、それぞれすべてを収録したものが、それぞれ、教文館、新教出版社から出ているそうでした(Wikipedia)。出版社の名前から想像したのですが、いずれも、プロテスタントの立場で、?正典を取捨選択したり、また、?原典を選んだりしている、そして、?解釈を取っている、のだろうか、と、推測しました(仮に推測してみただけです)。ただいま、プロテスタントの立場と申しましたが、プロテスタントと申しても、さまざまかとは思います。 伝統的側のサイド、カトリックや、ギリシャ正教側は、一般的に普及している聖書の出版普及にはあまり熱心ではないのだなぁ、という印象を持ち、大変意外に思いました。

匿名質問者さんのコメント
せっかくのご説明を正確に読んでいなかったことに気づきました。済みません。 ご指摘の「口語訳」ですが、「共同訳」のこと(「新共同訳」ではなくて、「共同訳」)のことを指しておられるのだと誤解しました。日本聖書協会が、カトリック側と無関係に翻訳をしたものですね。他方、「共同訳」は、日本聖書協会が、カトリックと共同で行ったものですね。なお、『共同』と言っていますが、正教(ギリシャ正教系)とは、共同することはできなかった、という風に理解しております。 なお、「新共同訳」「新改訳」「岩波訳(関根訳旧約+塚本訳新約)」「文語訳」は、だれが翻訳したものか、調べてクリアにわかりました。 他に、「岩波委員会訳聖書」というものがあることもわかりました(Wikipediaで。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E8%A8%B3%E8%81%96%E6%9B%B8)。ただ、これが、プロテスタントの立場で、正典を選んだのかどうか、まだ、よく調べてはいませんけれど。

匿名質問者さんのコメント
詳しく丁寧なご説明を頂きましてありがとうございました。

質問者から

3号様ありがとうございます。たしかに、著作権は切れていますね。
昔は、引用する場合、著作権もありますが、間違った引用だと、異端とか背教とか、責められたのではと想像しております。
「クルアーンってバージョン」はイスラム教のコーランを指しているのでしょうか。
コーランで、聖書の引用があるという意味なんでしょうか。特に、気になってしまいました。

みなさまからいろいろな情報を頂き、現在、頭を整理しております。また、改めて、頭を整理したうえで、質問をできればと考えております。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ