人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

男性用下着の 「ももひき」、「すててこ」、「ずぼんした」 、これらの区別がわからないのです。
「ずぼんした」 は、寒いので脚に重ね着をする目的だと、とりあえず理解しています。
「すててこ」は、夏場に履くもので、スーツのズボンの下に履く、目的はズボンに汗がしみな出さないように、ということだと、とりあえず理解しています。、
こんな程度の理解(間違いかもしれない)ですが、どうぞよろしくお願いします。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:美容・ファッション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

ももひきは日本の伝統的ボトムスであり、下着としても使われた。腰から踝まで、やや密着して覆う形のズボン型。腰の部分は紐で締めるようになっている。安土桃山時代にポルトガルから伝わったカルサオ(カルサンとも)と呼ばれる衣服が原形とされる。

すててこは男性用の下着の一。ひざのあたりまであるズボン下

ズボンとは衣服のボトムスの一種で、2本に分かれた筒に片脚ずつを入れて穿く形のものを指す。下半身の下着を身に着けたその上に穿くものである。着用中にずり落ちてこないように、ベルトやサスペンダーなどで留められる。


匿名質問者さんのコメント
「すててこ」は、「ズボン下」の一種なのですね。ありがとうございます。 股引は、洋装である今は あまり 履かないものなのですね。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ