人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私は「ソメイヨシノ」が好きではありません。
「サクラ」は樹木・花として嫌いではありません、むしろすきです。
「ソメイヨシノ」に罪は無いでしょうが、「一時にさいて、?短期間に一斉に散る、?実を付けない」と言う特徴のせいでしょう。イサギよいと日本人の好きな言い分け理由になっているようですが、?及び?の理由で、花弁や溝や会所につまり、道路面張り付き、掃除が大変です。また花芯も実ができないという事からすべて落ち、花弁と同じように道路を汚します。他のサクラでは、このような事はすくないです。また、花の楽しめる時期も幅が有ります。皆さんはどうおもいますか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

ソメイヨシノは人間によって作られたクローンとのことですので不自然なのでしょう。
人間は道や建物など地上に作って地面に蓋をしています。そして生み出したクローン植物によってその建造物が汚れてしまうのが美しくないという意見は人間でしか言えない事ですね。
「ソメイヨシノ クローン」でぐぐってみると詳細が検索できると思います。


2 ● 匿名回答2号
ベストアンサー

鎌倉くらいから花はサクラになりましたが、その以前、平安では花といえば梅でした。
今は花束といえば薔薇ですね。
でもこれらは全員バラ科の植物で、虫にとってもごちそうなんですよ。

じゃあ違う属はどうか。キク科(キク、マーガレット、ガーベラ、たんぽぽ、春菊、よもぎ)
イネ科(コメ、オヒシバメヒシバ、コバンソウ)は
雑草とよばれるものも多いほど強いですが、
花粉が花粉症のもとになります。

こうしてみると、私の意見としてはこれからはアリウム属がクるとおもいますよ。
タマネギ、ニンニク、ニラもおいしいですし、
水仙、ムスカリ、スノードロップと植えっぱなしでもビルの日陰でも丈夫で
どんどん増え、いちはやく初春をつげる。
虫もつきにくく花粉症のもとにもならない。
勝手に伸びて電線やアスファルトをいためつけることもない。
間違えて水仙の葉っぱはたべないように区別しながらしっかり愛でていきましょう。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ