人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本人男性が、あるいは日本人女性が、ユダヤ教徒に改宗すれば、ユダヤ人ということになるのですか(*1)。そうすると、イスラエルに移住し、イスラエル国籍を取得することが容易になるのですか(ユダヤ人として迫害されていなければ難しいですか ・・・ *2)。
変わった質問ですが、お願いします。
なお、ユダヤ教徒に改宗するのは、なかなか大変ですか。布教しているという話は聞いたことがありません。

(*1)ユダヤ人ということになるのですか、と書きましたが、
ユダヤ教徒ということになるのですか、と読み替えても結構です。
英語で 普通に書くと、区別はつかないかもしれないですね。

(*2)イスラエル国は、迫害されていなければ、受け入れないなどと決まって
いるかもしれませんので、このように付け加えました。
しかし、迫害されていなくていなくても、ユダヤ人ならば(ユダヤ教徒?)
受け入れるのだろうと思います。日本人が改宗した「改宗ユダヤ人?」で
はダメかもしれないと思われますが。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

ユダヤ教ははっきりいってしまうと人種差別をする宗教です。

キリストが博愛をかかげたキリスト教ってありますが、これはユダヤ教の「人種限定優遇神」を批判して生まれたものです。今でもキリスト教だって批判が多いですが、そのキリスト教がユダヤ教を批判して生み出されたものです。すなわち、キリスト教の反面教師だった宗教がユダヤ教ですから完全に心が狭い雰囲気ですよね。


サマリア人 - Wikipedia
ユダヤ教ではサマリヤ人はユダヤ人の血を汚したからダメとかいうのでずっともめていて迫害して、結局150人まで減らしました。
キリスト教では逆に「良きサマリア人」というエピソードをひろめて、サマリア人をなんとか容認しようとキャンペーンしました。(それでも今よくしらべてみればこのエピソードの後日談にはサマリア人にとってみれば失礼この上ない話が含まれています)
日本人もたぶん当時のユダヤ教ならサマリア人なみに不合理なこと(汚いから自分で司ねくらいのこと)をいいつけられるとおもわれます。


ところであなたは日本人だとおもいますが、「山伏とか忍者になるのは大変ですか」と外国人にたずねられたらどう思いますか。
なりたいひともいますけどごく小数で、全体からみると変わり者です。
増して、外国人(白人や、黒人など、あきらかに日本人とは体格が違うひと)が「ぜひ忍者になりたいからまず兵糧丸をたべさせてくれ…」「体に合うながさの錫杖や刀をつくりたい」などといわれてもこまりますよね。どれだけ本気なのかって。

結局は代々家につたわる技術を受け継げるだけの素質があるわけでもないのだから、
理不尽な苦労の連続で挫折するだけだと予想できます。
だれだって、親しくなった友達のような人が無駄にお金を費やしたり、
どこまでくいついていっても挫折して苦しむ姿など見たくないです。
最初は観光客として悪印象をあたえないように対応しておき、
最後はやんわりと、それでだめなら厳しく言って、追い払うでしょう。
好意が持てる人にこそ、「自分とおなじ轍を踏むな」と願うから
これだけは勧めない…という場面って世の中にはよくあるのです。
※わたし自身は山伏でも忍者でもユダヤ教でもないですが人に勧めたくない日本の伝統はいくつか体験して知っています。

それとおなじことです。
今も布教はしているかもしれませんが、セケンには響いてきません。
響かない理由として、やはり不合理なこと(あまり人にすすめられないもの)を内包しているからでしょうね。
ヒゲとか帽子とか黒いコートなどの外見上のキマリがあったり、男女差別とか身体を改変する戒律とかミサに欠席できないとか引越しも制限されるとかいろいろ聞いたことがあります。


匿名質問者さんのコメント
さっそくご回答を頂き、ありがとうございました。 よきサマリア人の話は、福音書にあり、存じておりました。 当時のユダヤ教徒にも、いろんな立場があったと思います。 現代のユダヤ教徒にも、ものすごくファンダメンタリストなグループと、そうでないグループがいると思います。女性に触れない、肩が触れるとか握手するとか、そういう意味ですが、これがいけないそうです。また、話掛けられるのも、困るという人もいます。(これらは、イスラム教の中でも、同じ傾向のグループもおられるらしいです)。 アメリカにユダヤ人として、いろいろな方がいますが、映画監督のジョージルーカスも、指揮者のバーンスタインも、FRBのバーナンキ議長やイエレン議長も、サマーズ長官も、また、経済的に成功をおさめた人や、学者の人やあの人たちは、ユダヤ人といいますけれど、しかし、ユダヤ教徒ではないのかもしれない、と思いました。

匿名回答1号さんのコメント
そうですね。遺伝で人をタイプ分けする「人種」と宗教でタイプわけする「●●教徒」とは全く範囲が異なりますがあなたは●●教徒も●●人と呼びたい人だとよみとってそのように答えました。 日本にも山岳信仰のみならず、ゾロアスター教徒といった外国由来の珍しい信仰を持つ人もいるみたいですよ。

匿名質問者さんのコメント
日本でゾロアスター教徒の人がいらっしゃるのですか。かの宗教は布教をしないので、また、異教徒と婚姻すると、信徒を認めない?ので減る一方であるなど、と聞いたことがあったのですが(インドのパールシーのこと)。 ユダヤ教は、信仰を受け入れれば、よいのか、と思っていました。 昔のセム族のユダヤ人以外の人が、たくさん混ざっているのでは、という説もあるようですし。たとえば、ハザール王国の末裔は、セム族とは言いにくいと思いました。 *** 日本人は失われたユダヤ支族であるという説を信じれば、ユダヤ教の信仰を受け入れれば、晴れて、ユダヤ教徒になるのでは、という考え方(こういう考え方があるのかわかりませんが)は、別として・・・

匿名回答1号さんのコメント
あー。竹内文書ですか。お好きなんですね。

匿名質問者さんのコメント
いえ、竹内文書は別に好きでは。。。 また、ご承知かと思いますが、 戦前、日猶同祖論を信奉する軍人もいたそうです。 しかし、この人たちは、私は、ちょっとついていけないです。 話は戻りますが、 日本人がユダヤ教徒になりえたとしても、 そして、イスラエルに仮に移住できても(国籍を移せても)、 マイノリティになってしまう、ということは理解しております。

2 ● 匿名回答2号

そんな、あほな!!
その論理でいけば、キリスト教徒や仏教徒も多重国籍者ばかりになる。常識で現実を見て、考えてください。(ユダヤ教が、イスラエルの国教でもあるまいし)


匿名質問者さんのコメント
イスラエルには、イスラム教徒も住んではいます。 しかし、海外のユダヤ教徒を受け入れるということがあります。たとえば、エチオピアのユダヤ教徒を受けるということをしました。モーゼ作戦、ソロモン作戦と呼び、イスラエルがユダヤ教徒(あるいはユダヤ人)について特別な考え方を持っていることを示しているように思います。 エチオピアのユダヤ教徒は、大昔から続くユダヤ教徒ということだそうであり、日本人が「今回、ユダヤ教徒になりました、よろしく」などという話とはだいぶ違います。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ