人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

なぜこれだけインターネットが普及しているのに、貧困や不幸な事件が起こるのでしょうか?
途上国で学校を作るのは知識を得て幸せになるためですよね


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

1.格差が大きいから。
デジタルディバイド(スマホもパソコンも持とうと思わず、ネットをつかわない人がいる)
世代格差(そもそも老眼で液晶画面がよくみえない)
教育格差(ネット教育がある環境かどうか)

2.ネットは不幸の再生産にテコがかかる部分があるから。
不幸な事件はセンセーショナルなので広くひろまり、
それを見た人が心を痛め、ストレスを受ける。
幸福だが退屈な日常ブログは全く広まらない。
ちょっとした不幸でも注目が集まると、それは炎上だとかネット犯罪とかいわれるが、
もともと口頭だけでしゃべっていたらそれほどひろまらないことが多い。
したがって、ネットを使うのなら、炎上回避力やネットマナーが必要なのに
スマホを買うときにだれも「自分の住所以上に、ネットで人の悪口はいっちゃいけませんヨ」などと
丁寧に教えてくれない。

3.人間は肉体から離れられないから。
ネットがあれば今すぐ飲み食いできるわけではなく、
ブルーライトで不眠になったりもするし、
運動不足の成人病も、不妊症も増えているから。

結局、ネットにはある一人の人間を幸福にする要素のわずか一部(文化的)しか存在しなくて、
健康や家族や犯罪のない世の中といった基本的な幸せは、
自分の手足でつかみ取るしかない部分もまだまだ多いのだということです。

それでいうと、「発展途上国の学校」だって本人たちにしてみれば
学校いかずに手足をつかって働いていれば個人的には幸せなのに
余計なお世話だ!となるかもしれませんが、
それだけでは人を幸福にする力までは得られないので。
学習の必要性は大人になって
自分のみならず他人まで幸福にしてみようとすれば
わかるとしかいいようがないですね。

ネットって個人の不幸を共有することでみんなの幸福を増すシステムなのかもしれません。


2 ● 匿名回答2号

お金持ち→心が貧しい、貧しい→心が豊か、が顕著になっているだけでしょ。
一昔前であれば、お金持ち→貧しい人の理解と支援が美徳でしたから。裕福が恵まれ過ぎて、悪い面だけ前に出ているだけです。
栄枯盛衰、少なくとも欲得で動く金持ちは近いうちに滅びます。
貧しい人→お金持ちから結果、自ら摂取へ、も同じですがw


3 ● 匿名回答3号

平和をいくら唱えても唱えるだけ無駄。
貧困の撲滅とか口で言うだけなら誰でもできる。
ネットの普及で耳年増が増えて、情報中毒が増えて、馬鹿が増える。

個々の貧困を緩和するには稼げる企業が必要で、企業が成立するには教育も必要。
エネルギーや物資の最適化とか経済のバランスなどに支えられて企業は浮かぶ。

知識だけ偏重した好例が現在の日本や先進各国の少子高齢化。
人が減るのに合わせて経済が縮小する。

ネットは便利な道具だが、情報中毒を抑止できない患者を大量生産し続ける。
暇さえあればスマホでゲームやってるヤツは使えない。
子供たちの精神にネットが寄生し、そのまま役立たずの大人になる。


質問者から

でも
昔は無理だったことができるんですよ
出会う、学ぶ、暇をつぶす、ストレス発散


4 ● 匿名回答6号


三段論法から弁証法へ ? 一つの結果は、複数の理由による ?

鉱山を爆破するため、ダイナマイトを発明したら、戦争に使われた。
産業革命で(工業化が進むと)あらたな失業者を産み出した。
情報革命が(著作権によって)貧富の格差を広げている(↓)。

https://www.youtube.com/watch?v=jJhtYYo21VI(10:15)【1890】
武田 邦彦 工学 19430603 東京 /中部大学総合工学研究所特任教授
http://q.hatena.ne.jp/1459046482#c287434(20160330 19:16:20)


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ