人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

地震発生の仕組みはわかりますが、余震が起きる仕組みがよくわかりません。
教えていただけますか?


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

地震の時に、
回りでずれた、関係の無い地盤が、
元に戻る時に揺れます。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。

2 ● 匿名回答2号
ベストアンサー

活断層のズレが今回の直下型の地震ですが、
どの方向にしろ、かみ合っていた堅い地盤がもともとあった継ぎ目の部分に位置のズレがたまって
人間にわかるほど移動するのが地震です。

プレート移動説でわかるように、地盤同士はゆっくり移動してこすりあわされています。
100年地震がない断層で、本体が5m移動してるのに、
断層では隣の地盤との摩擦がおおきいため、ゆがんだままとまっていました。
ズレが、5mと1cmになったら地震になりました。という仮定をします。

でも一回の地震で3mしか地盤のズレが修正されなかったら、
また近いうちに2m分うごいてしまうかも。
今は地盤がうごいたばかりで、歪みをためておくための摩擦力が小さいので地盤が動きやすいわけです。
たとえばゴムがこすれるときも、ビビッと2回?3回にわけて移動したりしますよね。

モデル化すると、こういうことです。
実際は、そのようにキレイに割り切れるものではないです。

ずれてくみあわされた地盤が自重などでまたどこか地盤のはしっこが崩れたとか、
いろいろな新しい細かいズレが生じます。
それがひきおこす地震が、一回目と時間的に近く、最初の移動より揺れがちいさければ、人間からみると「余震」というなまえになるだけです。
東北大震災でも、昨日の一回目の地震の余震かとおもってたのが最大の本震だったということがありました。
こうなると一回目は「前触れ」です。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ