人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

教えていただけませんか
1.「アネチョコといい慣わされた舶来の雑草の根に出来る薯」
これは雑草の根に薯を植えて、そして出来た薯のことを言っているのですか?けどその雑草の根「アネチョコ」は一体何のことですか?
雑草の種類を調べても何も出てこないんです。

2.「車内前部の機械室には「ノルデン、インヂン」に髣髴たる、非常に堅牢緻密なる機械の設けありて」
この「ノルデン、インヂン」はエンジンのことを言っているのですか?ノルデンってのは英語の中で何と言いますか?

3.「西方の空一面に「ダンブロー鳥」とて、印度洋に特産の海鳥――その形は鷲に似て嘴鋭く、爪長ながく、大さは七尺乃至一丈二三尺位の巨鳥が、天日も暗くなる迄夥しく群をなして」
この「ダンブロー鳥」もググっても分からないんです。

一つでもいい、手がかりでも推測でもいい、どなたがご存知なら教えて下さい、お願いします。

●質問者: qingzhuo
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● a-kuma3
ベストアンサー

ダンブロー鳥は、押川春浪の創作ということで良いのではないでしょうか。

質問で引用されている「海底軍艦」の他にも、「怪人鉄塔」でもダンブロー鳥の描写があります。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/954294/309

両著では、微妙に描写が異なります。
「海底軍艦」では、鷲に似た海鳥で大きさは七尺から一丈二、三尺。
「怪人鉄塔」では、鷲の一種で目の前を飛んでいるのは二丈。

また、サイズが大きすぎます。
メートルに直すと、七尺から一丈二、三尺は、2.1m ? 3.9m 。
二丈にいたっては 6.1m にもなります。

List of largest birds - Wikipedia, the free encyclopedia」をざっと見たところ、翼を広げたサイズが 3m を超えるくらいのものはいるようですが、最大でペリカンやワタリアホウドリの 3.6m くらいまでで、6m のサイズは大きすぎます。

「海底軍艦」が処女作なので、そのときにはアホウドリのイメージ(大きさや群れを成したりしている)で描写しましたが、その後、いくつも作を重ねて慣れてきたのでしょう。「怪人鉄塔」で大きく風呂敷を広げたような描写になったのは、そういうことだと思います。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ