人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

青色申告で、1万円の経費の差が、税額にするとどれくらいの違いとなって出るのでしょうか。

店を経営しており、青色で申告しています。ごく少額の経費の記帳が効率悪いので、省こうかと考えています。数十?100円レベルのものが、総額で3万から4万円ほどです。

これを計上したところで、税額にしていくらも違わないとしたら、手間を省くため、記帳も省いてしまおうかと思いました。

そこで実際には例えば一万円ほどの経費で、実額いくらくらいの差になるでしょうか。教えてください。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:ビジネス・経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

自主増税の可能性を検討したいというわけですね。

・あなたの利益がここ5年でマイナス?0?65万(青色控除の枠内)になっていて納税額ゼロなら、記帳してもしなくてもまったく納税額にまったくかわりません。

・65万円を越えたら、事業の利益を圧縮する意味で3万円の記帳は3000円以上の節税の意味があります。所得税は、1割からはじまりますからね。
なお、3万円が文具なら文具と分野が定まっているのなら、文具カードや文具券などの利用、またそれ専用のクレジットカード(明細がくるもの)をつくって月額のまとめ記帳をすることもできるとおもいます。ガソリンなどでも同様です。また、家賃などはコピペ記帳ができるものも多いです。
すなわち、3000円が自分にとって惜しいかどうかです。
・3000円(年額36000円)でシャメった領収書をネット記帳してくれるサービスはあるかもしれません。


・たくさん利益が出ていると法人を設立して、所得税から会社税に移行したほうがよいということになるらしいですし、そのときは経理担当者をやとって、どんぶり勘定にならないように発生日で細かく管理してもらうことになるとおもいますが、そのレベルではないのだろうとおもいます。


匿名質問者さんのコメント
早々のご回答、誠にありがとうございます。そうですね、所得税は10%課税からですから、ウチだと1/10で考えればいいのですね。3-4000円と記帳の労働の手間が見合うのか考えたいと思います。効率的なやり方も探りたいと思います。分かりやすく丁寧にありがとうございました。感謝いたします。では。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ