人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

All of a sudden the Doctor looked up sharply at me, a wonderful smile of delighted understanding spreading over his face.という文がありました。
前半の部分は理解できるのですが、後半のa wonderful smile of delighted understanding spreading over his faceはどのような構造になっているのでしょうか?

●質問者: Pちゃん
●カテゴリ:学習・教育 旅行・地域情報
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん

「a wonderful smile of delighted understanding」主語節です。理解したことの喜びの、すばらしき笑みが
spreading over his face. 彼の顔いっぱいにひろがっていた。Vにあたる動詞はspreadなのですが、これがspreadingと現在分詞になることにより、後ろの節が前の節にかかってるよ。と示しているだけです。その他の部分は普通のSVC構文です。

直訳すると
「唐突に医者は私をサッと見上げた、その顔には喜ばしき理解の、すばらしき笑みがいっぱいにひろがりつつ。」

とみょうに文語っぽくなります。修飾節を前置する日本語ルールを固守するのなら「?顔に??笑みをひろがらせつつ??見上げた」となりますが、それを観る側の時系列としては「見上げ(てき)た→ひろがって(るのをはっけんし)た」が絶対的に正しい。見上げるまえのうつむいている人の顔の様子を予め把握できていたら順序がおかしいのです。

ですから小説の日本語にするなら、分詞のつながりをあえてブチ切ってやって、2文として訳した方が手短でわかりやすいあたりまえの文章になります。

「唐突に医者は私をサッと見上げた。その顔には喜ばしき理解の、すばらしき笑みがいっぱいにひろがっていた。」(とはいえまだ各単語が直訳調ですが)

文脈が強い日本語では、分詞を敢えてつかわなくても内容がつながっている(見上げたからこそ、その瞬間に笑顔が見えた)ことは理解されます(なんといっても、主語さえしばしば省略される言語ですから)。 ただ日本語側では「ひろがっテイタ」と過去完了っぽく補うことで、「見上げる前後から顔が笑ってたらしい、それが顔をあげたから見えたのだな」とみちびいてやりましょう。spreadingをつかって原文が表現したかった時系列は、日本語の自然な表現のなかでも極力読みおとしにくくする必要があります。

元の英文にくらべて、だらっと長い文の感じがすこしぬけ、歯切れが良くなるくらいしか差し支えはありませんので、切ったほうがよいです。

英文の小説では連綿とつながるストーリーを順序よく語るにあたって、分詞でチンタラつなげる構文はよくあります。
以前私は、asで2文つなげた文の訳し方の質問にも似たことを回答しています。
http://q.hatena.ne.jp/1441790847#a1251445
「(連用形)、」だけでいいのだと。
こうしてみると日本語の文脈力はいろんなことを吸収してうけとめていますね。


Pちゃんさんのコメント
回答ありがとうございます。とても参考になります。

2 ● みやど

独立分詞構文と呼ばれるものです。自分で英文を書くときはむしろ使わない方がいいと思います。
http://www.ravco.jp/cat/view.php?cat_id=4428

a wonderful smile of delighted understandingが分詞spreadingの「意味上の」主語です。なお文の主たる部分は受験英語ではSVCでなくSVです。「受験英語では」と断ったのは5文型説には学問上は問題があるからです。


Pちゃんさんのコメント
回答ありがとうございます。

3 ● siseiall

, a wonderful smile of delighted understanding spreading over his face

フィーリングで答えますね

1、a wonderful smile すばらしい笑み
2、of delighted understanding 心地よい理解
3、spreading over his face 顔にでている

心よくする理解からくるすばらい笑みが、顔中にあふれた
心地よい理解から満面の笑みで

ドクターは、なにかすばらしい発見をして、(そうだったのかっ)と、満面の笑みでこちらを見た ですね。

1 これはわかりますね
2 これは原因のofでしょうか 理解からくる笑顔 なわけです。
3 動名詞の形容詞的用法 spread 動詞 「ひろがる」 が、形容詞的になって、「広がった(広がっている)」笑顔、というようにつながる。笑顔にかかるわけです。 英語の理屈で前から行くと、すばらしい笑顔が満面である、となります



前の文の、詳細を言ってるわけです。状態といってもいいですね。

彼女はずっと待っていた。雨に濡れながら。

こんな日本語の文と一緒です。
むずかしく考えない方がいいと思います。

All of a sudden the Doctor looked up sharply at me (with)a wonderful smile of delighted understanding spreading over his face.
withをいれてもいいんじゃないでしょうか。(適当です)


Pちゃんさんのコメント
回答ありがとうございます。

siseiallさんのコメント
訂正 >動名詞の形容詞的用法 分詞の形容詞的用法 かな 失礼しました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ