人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

僕は人が嫌い(嫌いというか怖いのかな?)で学校は普通に行けますが、昔からの友達の数人としか普通に話せません。
なぜ数人しか友達がいないかというと僕が避けるからです。
それ(友達)以外の人に対しては適当に相槌をうってごまかしたり、嘘の笑顔を作ってごまかしたりすることもあります。
これには、時々罪悪感も感じます。でも、いつもそうします。
それと、僕は自分が友達だと思ってる人が自分の嫌いな人と仲が良くなって来てることを知ると、自分から身を引きます。
あと、しつこく話しかけられると、キレ気味になったり、最悪の場合無視します。
他にも、友達と遊んでるとき嫌いな人が向こうから来ると逃げたりもします。
なぜ、このようなことをするかというと、僕のこと(趣味とか考え方とか性格とか)があっちに伝わるのが嫌だからだと思います。
一度、友達に聞かれました。「お前そんな友達減らしていいんか?」と
それには「うん」と答えましたが、本当は自分の上に書いてあるような行動が嫌です。
どういう病気ですか?治し方ありますか?
長々かいてすいません、詳しく書いた方がいいかと思ったんでいっぱい書きました。
ご回答よろしくお願いします。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

幼い内容ですが、中学生でしょうか。匿名質問のルールはよくよみましたか。

人見知りがあるようで、しかも自分の情報が他人に伝わるのがイヤなんですね。
これからも積極的に人見知り的な態度をとっていきたいタイプということですね。

まあ、大人になるとそんなに友達なんていらないのです。
伴侶、つまり、夫婦になる相手が最低一人つかまえられれば、
あとはその人と気の合う話をしていけばよろしい。

ただ、その気の合う人(異性、同性)を見つける方法もしらず、
自分を主張する方法も知らず、
むしろ自分は居ない者としてあつかってもらう一番簡単な方法しかつかおうとしないのでは、
今後ちょっと困ったことがおこってもだれも助けてくれないということになるとおもいます。

いつでも遠慮無く心をうちとけられるおやきょうだいや、親友の枠だけではなく、
自分のなかに、普通の友達枠、たまにお互い話していてキライになるけど
それでも普通の世間話くらいはいつでもできる枠を
つくれる人になったほうが、のちのち社会に出てお互いに思いやりをもって生きるのが
楽になります。

昔から、いろんな人やものごとの、こまごましたことを心に受け入れられる人のことを、
「器量が大きい」といいます。
狭い範囲の人しか受け入れられない人は、器量が小さいといいます。
あまり器量が小さい振る舞いをつづけると、
「この人は付合う価値がない小物だ。別に話しかける必要もない。」
とおもわれ、だれからも(望み通りでしょうが)無視されてしまいます。

あなたにそれが可能かはわかりませんが、
できるだけいまのうちからすこしずつ器量をひろげてください。
大人になってからではほとんど修正が効きません。
はなさかじいさんやこぶとりじいさんにでてくる
「頑固じいさん」は、今のかぞえかたでいうと、
たった40歳?50歳くらいの人なんですよ。
今の平均寿命は80歳。このあと60年は生きるんですから、
まあ器量をひろげる時間もあるでしょうけど。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ