人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

建物の部屋割り(間取り)で、外側でない部屋、外側の部屋、それらを区別する呼び名はあるのかか、さがしております。わかりにくかもしれないので、説明すると、外側の部屋は、窓を作れば外が見える位置であり、外側でない部屋は、外につながる窓はないという位置です。
部屋と部屋を隔てる壁と、外と建物を隔てる壁は、それぞれ何と呼べばよいか、とも思っていますので、こちらも教えて下さればうれしいです。外壁(がいへき)、内壁(ないへき)ではないですことは、ググってみてわかりました。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

カドベヤです。角部屋。 どの部屋でも建築基準上、ベランダ窓と出入り口で外壁に接するようになってます。そうでなく、横も外壁に接している部屋は、角でなくともカドベヤです。

隣と接している壁は間仕切り壁ですかね。間仕切り壁が薄くて防音材が少ないと、防音上問題があります。


匿名回答1号さんのコメント
窓がない部屋は(外壁に接していても)「サービスルーム」です。それ以外の普通の部屋はかならず窓があり、避難経路につかえます。

匿名回答1号さんのコメント
https://www.e-blooming.com/column/definition-of-service-room-closet.html

匿名質問者さんのコメント
ありがとうございました。建築基準法ですから、一軒家であるとか、集合住宅(マンション)であるとか、そういうことに関係なく、居室とはいえないのですね。窓があること、これは、窓から直接外へつながることがポイントなのですね。 いま、思いましたが、地下室は窓がありません。すると、居室とは呼びえないのですね。大規模な商業設備ですと、1階・2階・3階において、窓を持たぬ部屋があり(建物の真ん中に位置しており)、店舗として利用されています。また、地下にも商業施設として、店舗があります。これらは、居室ではないか、企業が執務室として用いたり、店舗として用いることは、可能である。しかし、居住空間としては不可ということなのですね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ