人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

年金保険料は、中卒や高卒で新卒採用した場合、厚生年金保険料は一部はしばらく納付は不要なのか。会社としても負担が減るのは助かるわけです。
日本年金機構のサイトを見ると、国民年金保険料は20歳からと書いている。

<1>だから、その社員が6月誕生日だとして、6月1日生まれなら、5月分から納付(翌6月中の給与で天引)、6月2日から6月30日生まれなら、6月分から納付(翌7月の給与から天引き)でいいか、と老齢基礎年金部分について、考えてる。
<2>厚生年金保険料のうち、老齢基礎年金相当額は、58歳のとき、40年納付万両になれば、厚生年金保険料の会社負担額もなくなるということだ、と考えてる。
申し訳ありませんが、ご教示お願いできれば幸いです。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

未成年者の厚生年金加入について - 相談の広場 - 総務の森(大塚事務所の回答参照)


匿名質問者さんのコメント
<1>の件ですが、ありがとうございました。どちらの回答かも 丁寧にご指示いただき。 15歳から就職すれば、15歳から、厚生年金の第2号として、納付するわけにて、 給与が同じなら、仮に、高卒や大卒の給与同額の人がおれば、同じ金額を天引され、 会社負担額もおんなじというわけですね。

匿名質問者さんのコメント
<2>の質問の件ですが、こちらもありがとうございました。同じく、該当するところの回答文で触れていました。 「保険料納付済期間は第2号被保険者期間のうち20歳以上60歳未満の期間です」 となっていましたので、仮に、中卒後すぐ採用され、そのまま継続して勤めれば、60歳を待たず、だいぶ早めに、納付期間が満了しますね。 すると、そういう人を、たとえば、56歳などで、中途採用で雇うと、社会保険料は、すこしだけ安くなるということになると感じました(個人負担も、会社負担も)。大変めずらしい情報です。ありがとうございました。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ