人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ダイエットサイト運営について

例えば、「断食ダイエットとウォーキングを行う、そして1か月で20キロ落ちた」、
「1日5時間毎日歩いたり走ったら一か月で30キロおちた」などの事実をサイトに書き、
その読者が実際行い、拒食症や心臓に負担がかかったなどのことが生じた場合、
ホームページのオーナーは法的に民事責任を負う可能性はありますでしょうか?
免責事項を書いても駄目でしょうか?

●質問者: nicerguy
●カテゴリ:政治・社会 医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

質問者から

推奨したダイエット法による弊害責任といったほうが正確です。


1 ● なぽりん
●300ポイント ベストアンサー

文章である以上は、事実のつもりでも誤認されるような書き方はいくらでもできます。
たとえば、180キロの人が150キロに減ったのに、もともとの体重を書かない場合、それをみて40キロの人が10キロ代を目指してしまうと、健康上の意味が全く違います。
万人に向けて公表するブログとしての立場を守り「40キロでももっと痩せたいあなたに今回だけの有利なお知らせ!」などと誤認を誘うような煽り文句をかかないようにすることで、善意の第三者であるという立場は守れるのではないでしょうか。
もし敢えて(ページビュー稼ぎのために)敢えて誤認を導くような書き方をする(70キロの貴方にはこれ!40キロの方にはこれ!など)場合は、免責事項をしっかり目立つように書かないと、それこそ詐欺的なうけとられかたをされても仕方がないとおもいます。
もちろん、そのようなことを敢えてやっている(中国製?のものも含めて)ページもみかけないことはない現状ですが、サイト運営上問題があると判断されるようで、あからさまなものほどGoogle検索除外措置などをうけているようにおもいます。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ