人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

始めて銀行からお金を借りようと思っている者です。
神奈川在住59才、SE・プログラマで自営業。
ソフトハウスを経営していましたが、53歳の時に心筋梗塞で心臓の1/3を失い、
仕事ができなくなりました。(現在も会社はそのままで、売上こそ微細ですが法人税等延滞はありません)
それまでの仕事は、大手のバンキング系(例:大和証券等)を主に大手ソフトハウスの下請けでシステムを組んだりていました。
ハードな仕事で、徹夜は当たり前で、心筋梗塞で心臓の1/3を失うとできません。
この6年間、ネット周りのプログラム・解析などで稼ぐ方法を模索して勉強し、手ごたえを感じているところです。
ただお金がこれ以上続きません。
社会福祉協議会の融資には当たりましたが、無理なようです。
私のようなケースで、お金を借りるにあったって、相談・アドバイスなどに乗ってくれる組織、
また、アドバイスを直にいただけると助かります。
家は一戸建てで担保に入っておらず私個人のものです。
家族はいません。
よろしくお願いします。

●質問者: mykouchan
●カテゴリ:ビジネス・経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
●250ポイント ベストアンサー

※回答者なぽりんは金融についてなんら公的資格をもっておらず、知識も一般を少し越える程度しかありません。下記の回答内のリンクについて有利だなどとおすすめするつもりもありません。単なる情報提供ですが、それでも触法する場合がございますので、その場合は訂正して削除する覚悟で回答いたします。

・リバースモーゲージローン
新型リバースモーゲージ「充実人生」 | キャンペーン&おすすめ情報 | 東京スター銀行
などで実施されております。
・小規模企業共済
中小機構:小規模企業共済: 小規模企業共済
・起業前の個人事業主向け融資
個人事業の経費借入はこうしよう!資金繰り悩む個人事業主は必見 | お金の学校

これらのいずれかについてプロとご相談なさるのがよろしいかと思います。


mykouchanさんのコメント
早速お返事ありがとうございました。

2 ● みやど
●250ポイント

貸金主任者試験合格者、2級ファイナンシャル・プランニング技能士(5つとも)です。

No. 1の最初のリンク先について
「55?80歳までのお客さまが対象です。」
http://www.tokyostarbank.co.jp/products/loan/homeloan_jyujitsu/index.html#tabContent02

次のリンク先について
「小規模企業の個人事業主が事業を廃止した場合や会社等の役員が役員を退職した場合など、第一線を退いたときに、【それまで積み立ててこられた】掛金に応じた共済金をお受け取りになれる共済制度です。」(強調のために【】で括ったのは引用者)ですから、今からでは無理です。

最後のリンク先について
「個人事業の【経費】借入」であって働けなくなった場合の生活費の借入ではありません。

そういうわけで、働けなくなったのであれば借りるのは簡単ではありません。不動産担保ローンも自己居住用だと簡単ではありません。

ですから、働けないのならむしろ生活保護を考えましょう。こちらは働けないならむしろ簡単です。豪邸を持っているとまずいですが、最低限の住居であれば持っていても大丈夫です。そういうわけで、地元の民生委員あたりに相談しましょう。あるいは役場の担当者に話を進められる知人がいればその人に相談しましょう。1人でまっすぐ役場に行っても法的には問題ありませんが、実際はそれをやると厳しいようです。


mykouchanさんのコメント
早速お返事ありがとうございます。僕の書き方が悪かったかもしれません。 「働けなくなった」のではなく「今までのハードな仕事はできない」ので方向転換をこの数年計ってきました。 いくつか客が付きそうな物件もあります。(サイトのコンサルタント的な仕事です) では、いくら必要で、いつまで借りるの、という前提が必要なのでしょうね。 1年から2年、で400万円位、という前提で話を進めない限り無理なんでしょうね。 この辺の(前提がないと無理等)アドバイスもいただけると助かります。

みやどさんのコメント
いつ返せるかも分からないようでは借りるのも難しいですよ。 生活保護だと、安定した仕事が得られるまで、ということになります。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ