人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

五十肩、四十肩とは、突然来るものでしょうか、だんだんと来るものでしょうか。ある日、急に肩が固くなって動きづらいことに気が付くものなのか、それとも、だんだんじわじわきて、「あ、これがそれか」と思うものなのか、いったいどうだか、教えて下さい。

人によるのかもしれないですが・・・それはそれで、かまいません。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号


…… 六十七才の人が“五十肩”になって半年というブログを発見した。
症状その他が、すべて思いあたる。
つまり、七十才でも“五十肩”になることがあるらしい。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20060209
肩組む人々 ? 四十肩から五十肩へ ?

…… 一に入浴、二に摩擦、三四がなくて、五に日日薬(ひにちぐすり)。
http://q.hatena.ne.jp/1210751297#a827609(No.6 20080515 10:57:02)


2 ● 匿名回答2号

四十肩、今きてます。
突然きました。朝布団から起きた時、右肩に激痛がはしりました。
右肩を下にして、横になって寝ていたのが、発症のきっかけかもしれません。

・2月発症、右肩脱臼?→四十肩
・2月?4月、右肩痛し
・5月中旬、痛み和らぐ
・6月、右腕の角度によって、若干の痛みアリ

最近、運動もせず、体の筋肉が落ちました。
それが原因かもと、自己分析しています。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。急に来るのですね。右も左もふつうは痛くはないのですが、可動域が急に下がっていて、それを超えるような動きを試すと痛みます。

3 ● 匿名回答3号

私の経験は「だんだんと」でした。

ただ、最初の段階では痛みを生じる動きが普段動かす範囲と重なっていないため、なかなか気がつかないのです。

たまたまその動きをすればピリッと鋭い痛みが走って、可動域が狭まってるのに気づくのですが、その動きをしないと全然痛まないです。なので、日常の動きと重なるようになった時点で突然始まったと感じる人もいるかもしれません。

うちでは最初に連れ合いがやって、最初は無理をして肩を軽く捻挫したくらいに思っていたらしく放置してたら次第に重くなって日常の動作にも影響が出てきてしまいました。それで医者にかかって色々判明し、念のため私も肩を色々動かして痛みに気づいた次第です。

医者の説明によれば、痛み自体は何らかのきっかけで炎症が起きたせいだが、何もしないでいると身体が無意識のうちに痛まないように関節を守る動きを取ろうとしてどんどん固くなり、可動域が狭まってゆくとのことで、鍼などで炎症を抑えつつ物理療法でストレッチすることで徐々に軽減しました。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。 「最初の段階では痛みを生じる動きが普段動かす範囲と重なっていないため、なかなか気がつかないのです」ということですが、しっくりきます。鍼というのが一つの治し方なのですか、試してみようと思います

4 ● 匿名回答6号

私の経験では両方ありで、例えば肩など同じ部位でも、痛みが消えてはまた起こりの繰り返しでも両方ある感じです

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ