人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

横須賀の浦賀港の入り江の入り口へ、ペリーが来た理由で、水深が深かったということですが、深いということが、外国からやってきた艦隊にすぐわかるとも思えないのですが、どういうわけでしょう。水深を測りつつ近づいてきたのでしょうか。

水深を測りつつ近づいてきたなら納得です。水深を測っている時に、攻撃される、とは思っていなかったでしょうし。全く安心しきって測定していたということになりますね。

薩英戦争の時もです。イギリス海軍は、薩摩の大砲は見くびっていたとしても、座礁の危険は重視していたと思います。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

海図の未整備な場所については、帆船に搭載したカッターボートで、重りをつけたひもで水深を測ります。

今手元にないので確認できませんが、海の男 ホーンブロワーシリーズで、そんな描写があったような。

海軍士官候補生 (ハヤカワ文庫 NV 36 海の男 ホーンブロワーシリーズ 1)

海軍士官候補生 (ハヤカワ文庫 NV 36 海の男 ホーンブロワーシリーズ 1)


匿名質問者さんのコメント
どうもありがとうございます。そうであれば割とゆっくりなのですね。 そういうときに、陸地の大砲から撃ちかければ、逃げるべき方向は限られており、 なんとなれば、進んできた経路のみが艦船としては確認済みの経路であり、 船を追い込んで、仕留めることができかもしれないのですね。 確認済みではない方向の反対側の砲台から砲撃すれば、 相手方艦船は不用意にそちらから離れるよう移動するわけにもいかず、 現位置に留まり応戦するしかないわけです。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ