人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ないものねだり(「周り(よそ)の人々や友人などは俺の憧れてる事を実現して(欲しかった物を持って)るけど、なんで、俺の親だけその事を反対するんだ」など)をする性格の人は、損をしますか。

●質問者: onarabubu
●カテゴリ:人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● GM91

それはないものねだりっていうよりか、他力本願なだけだと思う。


2 ● なぽりん

いつまでもあると思うな親と金 - 故事ことわざ辞典

ないものねだりというか、いつまでもお子様なんですねとしか…。
他人は誇示しませんが、水面下ではその人なりの責務を果たしている部分もあるでしょう。
たとえば親にたっぷりとお金をかけてもらっている分、将来リッパな大人になって、
働いて返さなければなどというプレッシャーも強いとか、
小さいときに贅沢になれて大人になって苦労するなどという事情もあるでしょう。
その人の苦労や事情はその人にしかわからない。その立場になってみないとわかりません。
だからお友達が一見お金持ちの親を持っている幸せな子供にみえても、
一生の苦労でいうとどちらが苦労するかはわからないわけです。

「自分だけは何の責務も果たさなくても、
だれかがご飯をくれ、お小遣いをくれるといいなあ。」と
夢のようなことを望んで生きていく人もいますが、
その最終形態は愛人とかヒモっていわれるのですよね。
お金持ちの人も永遠に今のままではいられない。
親だっていつかは老いて子にすがる。寿命がくれば死ぬ。
愛人・ヒモは器量が衰えたら捨てられる。
万物は流転するのです。
人を単にうらやむなんて単なる時間の無駄ですね。
なにか自分にできることがあればやる、その情報源にするのならいいでしょうけど。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ