人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

仕事を辞める、「具体的な理由」の書き方

私はもうすぐ今の仕事をやめるので、退職願の用紙を書くことになっています。
それに、退職の理由も描かなければならないのですが・・・。
「具体的な理由」の書き方に迷っているので、教えて下さい。

その用紙を見るまでは、「一身上の理由」などと書こうと思っていたのですが、具体的な理由と言われてしまうと、どこまで書いたらいいのかわからないのです。
正直に言ってしまえば、今の仕事を辞める理由は、
・今の時間では短く、保険などの理由でもう少し長く働きたいこと
・今の仕事では精神に負担が大きく、今の仕事の時間を伸ばしたいとは思わないこと
なのですが、そういったことを正直に書いてしまってもいいのでしょうか?

それとも、具体的な理由と書いてあっても、「一身上の理由」で通るでしょうか?
うまいボカし方や、いい書き方があれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:就職・転職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー


「具体的な理由」を書く義務はありません。空白のままでいいのです。
「なし」「特になし」と書いても、誰にも咎める権利はありません。
「退職願」だと却下されそうなので、「退職届」と書きましょう。

「一身上の理由」は、誰もが一度は書いてみたい「きまり文句」ですが、
ビートルズやカーペンターズが決して理解できない「死語」の代表です。
このような旧弊な因習から逃れるために「退職」を宣言すべきです。

「入学願書」は実在しても「卒業願」や「卒業届」はありません。
進学のための「卒業見込証明書」や「成績証明書」は必要です。
このように、合理的に説明できる上司がいれば、辞めてはいけません。


2 ● 匿名回答2号

「一身上の理由」で問題ないはずですよ。あとその場合は「退職届」であって「退職願」ではないかも。
(通常「辞表」は間違い。初心者のよくやるミスの一つです。f(^^; )

>そういったことを正直に書いてしまってもいいのでしょうか?
書かないでしょうね。
「なんとかの事情で、親の面倒を見なければならなくなった」みたいな適当な理由をでっち挙げて書いても良いですが、まあ普通は本当のことは言わない方が良いでしょう。今の日本だと、どんな嫌がらせをされるか分かったものじゃないですしね。


まあ企業側としては理由を聞きたいというのもあるのでしょう。とくに離職率の高いブラックな職場では、退職理由の如何が人事部や直属の上司の評価にも関わってくるでしょうから。だが、そんなのはあちら側の勝手な都合であって、あなたが気に病む必用はありません。


あなたが辞めるのが確定事項でないなら、あなたを引き留めるために、企業側から歩み寄りが見られるかもしれません。たとえば「子育てのために、もう少し残業の少ない仕事に転職する予定です → 短時間で労働できるか相談してみよう」みたいな。ただし、そんな話は滅多に聞かないので、あまり期待しない方がいいと思います。

1、>今の時間では短く、保険などの理由でもう少し長く働きたいこと
の方は、上記の理由で状況によっては書いても良いかもしれないですが、

2、>今の仕事では精神に負担が大きく、今の仕事の時間を伸ばしたいとは思わないこと
これは書かない方がいい理由。

そして1だけなら引き留めを期待して書いちゃっても良いけれど、2があるなら辞めるのは確定で、引き留められても嬉しくない。2がある以上は1も含めて書かずに、なんか別の理由で押し通した方が、自分はいいと思います。


質問者から

お二方とも、ご回答有り難うございました。
昨夜、退職届を書きました。
あとは明日(時刻としては本日)、提出するだけです。
お二方のおかげで、自信を持って書くことが出来ました。
本当にありがとうございました。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ