人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

3尺半間用の唐木仏壇を購入しました。浄土真宗本願寺派(西)です。法事には打敷を用いると書いてあります。唐木仏壇に前卓を入れてよいのか。前卓ではなく打敷だけでもよいのか、唐木仏壇なので少し価格が抑えられる同色系のわらび卓でもよいのか、調べてみましたがわかりません。タブーは避けたいのでお尋ねします。(本日、仏具店に行き同じ事を聞いたら、唐木仏壇が多宗派の仏壇だと知っていましたが、「本願寺派(西)の仏壇ではない、打敷はじかに敷いたらと100代の打敷を出してきました。70代の女性の店主)


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:美容・ファッション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

http://www.e-horindo.com/butuji/syuhatisiki/butudankazari-honganjiha.html

いちおうこちらに写真がありますが、宗教のことなので、檀家になっているお寺があればそちらに相談してみては。
http://www.geocities.jp/amida3/butudan/ こちらは宗派が違うかもしれません。


匿名質問者さんのコメント
先日、ご本尊を住職に依頼し、打敷は用意しないまま入仏の法要を終えました。ネットで調べてもお西は金仏壇の画像で、前卓も豪華な金製です。ネットの仏具店で、打敷の長さに合わせた打敷おさえで簡易的な薄い板状の敷物を見つけました。ここに5具足を並べられます。 お調べいただきありがとうございました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ