人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

サプリメントは肝臓にどれほどダメージを与えますか?
現在、マルチビタミン剤、ピラセタム、コリン、イチョウ葉エキスを服用しています。
毎日というわけではありませんが、週1〜3回に1錠ぐらい服用します。
また、プロテインを1〜2日に1回飲んでいます。
野菜は週1〜2程度でキャベツを買って、ポトフや刻んでそのまま食べたりします。
ポトフを作る際はトマトやニンジンも入れます。

この前、実家に帰って母と会った際に「黄色くなった」と言われました。
幼い頃自分は肝機能が悪く、黄色かったらしいので、肝機能が変なんじゃないかと言われました。

正直自分は日焼けだと思っていたのですが、どうもそうではないようです。


質問は、一行目の物と、またビタミンを取ると肝臓によいらしいですがビタミン剤は効果があるのか、肝機能が仮に悪かったとして、改善させるにはなにをすべきか教えてください。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答2号

肌が変色するほどの偏食ですね。
駄洒落だと良いんですが、あなたの場合、耳年増になって、あれこれ良いものを追いかけているうちに基本を外してしまっています。

サプリは補助食品です。

と言うことは「補助」にしかなりません。
もっとハッキリ言うと、有害です。
ただ、極端な食生活をする人の中には極端に不足する成分がある場合があり、そういう部分を埋める、謂わば「お薬の代わり」として有効な場合が、ごく稀にですがあります。
そういった例を針小棒大に喧伝しているのが現在のサプリのメーカー各社です。
なんせ利益率が桁外れに大きい。
宣伝費用を掛けたくなると言うもの。
そして、それに引っ掛かかった愚かな消費者の一人があなたです。

肌が黄色くなるのはたぶん銀杏葉エキスが原因でしょう。
わずかしか必要ではない成分を毎日過剰に摂取しているのが原因です。
それ以外のサプリやビタミン剤なども全てジャンクフーズです。
また、そういう錠剤には成分の安定のために多量の油脂が含まれていますから、たくさん呑むと太ります。
中身のほほ90%以上は質の悪い油だって事。

ごく普通の食事をしていれば栄養は十二分に摂取できるものですし、人間の身体には適応能力がありますから、多少の不足は補うようにできています。
人間の身体は、余った成分はどんどん排出するようにできているのですが、それが追いつかないほどの過剰な摂取だってことを認識して下さい。


匿名質問者さんのコメント
たくさん飲んでるのですが,体脂肪率は1桁のままでちょっと不服です。 プロテインを飲むと,太るというのにそうなりませんでしたし。。。 >ビタミンを取ると肝臓によいらしいですがビタミン剤は効果があるのか >肝機能が仮に悪かったとして、改善させるにはなにをすべきか教えてください ビタミン剤の効果にはあまり触れられていませんが,油分が有害なのは間違いなさそうですね。 野菜をとりたいのですが,一人暮らしの学生という身でなかなか料理をする機会はありませんが,野菜ジュースでもないよりかマシなんでしょうか

匿名回答2号さんのコメント
繰り返すようですが、すべてのサプリは「有害」です。 あなたが一生懸命集めてきた知識はメーカーが宣伝して吹き込んだ間違った知識です。 ビタミンもミネラルも普通の食事で充分です。 サプリに頼る非常識を止めない限り、あなたは未来永劫にブクブクと太り続けるでしょう。

匿名質問者さんのコメント
「普通の食事が取れていれば」なんですよね。。。 たしかにまずはそこを改善しないといけないと思います。 現在170/47という身長と体重なので正直68キロは欲しいです。 サプリメントを飲むことでそれができるというのなら,まずはそこまで太ってから辞めないと意味がなさそうですね。

2 ● 匿名回答3号

肝機能検査はふつうの健康診断でも、何なら献血センターでもやってくれるような安い検査ですから
まずきっちり検査をうけてください。

肝臓の黄色信号である黄疸ばかりではなく、
ビタミンb1とか、ミカンの食べ過ぎなどでも皮膚の色が黄色くなることはあります。
イチョウはいらないです(医薬成分でもビタミンでもなんでもない)。
また生活のなかでの要因も、日光に当たらないとか、酒を飲みすぎたとか、ビタミンCが足りないなどいろいろな要因があります。
とにかく手あたり次第にビタミンをとるのは即刻やめて医者へ。


匿名質問者さんのコメント
夏なので柑橘類はあまり食べた記憶はありません。 イチョウはやコリンなどは集中力を高めるためだけなので,確かに関連性はなさそうですね。。 紛らわしくてすみません。 「一行目」というのはタイトルのことです(本文一行目がタイトルになってしまうので) 献血でわかるという情報は助かりました。なのでこの前献血カードを取得しに行きました。ありがとうございます・
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ