人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

TOEICで満点を取得したことがきっかけとなり、TOEICセミナーを開催する機会を得ることができました。

一応セミナーの内容・構成は仕上がっているのですが、実際に開催する前に、ぜひあなたのお力をお借りさせて頂きたく、この質問を投稿しております。

と言うのも、自分が話したいことを独りよがりに話しまくるだけのセミナーになってしまうことだけは避けたいと思っているからです。セミナー内容をより良いものに仕上げるために、以下の2つの質問についてぜひご意見を頂きたく思います。


1.「TOEIC学習、ひいては英語学習全般において、あなたが抱えている(いた)課題トップ2は何ですか?」
2・「もし、あるのであれば、TOEICに対して抱えている不満は何ですか?(受験費用が高い、2時間はしんどいetc)」


お忙しい中大変恐縮ですが、ぜひご回答頂けましたら幸いです。

お支払いを1000ポイントに設定致しました。
何卒よろしくお願い申し上げます。

●質問者: Fuji
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
●200ポイント

たとえば、「わたしは百人一首かるたを1週間で100首すべて覚えた上で3年修行して耳も磨いて全国大会でだれにも負けないで優勝したため永世名人になりました。講演をしますのでききにきてください」
といわれてあなたは素直に聞きに来てくれますか?
それと同じことで、
まず
「TOEICって日本でやってるテストのくせになんでそんなわからない略語なの。なんなの。英検とどこが違うの。どうして自分がそんなもので満点をとる英語マニアの講習きかなきゃいけないの。給料上がるっていうけどどこが仕事の役に立つの。やっぱり記憶ばっかりでつらいんでしょう?」
というところから不満=課題だとおもいますよ。
聴衆のレベルや目的を適切に設定しないと、ご危惧なさっているとおり、うわっすべりのまま終わってしまいます。
あなたが英語を学ぼうとおもった理由をよく掘り下げるか、なにもないなら学びそのものの喜びを伝えることで、英語学習を身近に引き寄せ、人生の張り合いの一つに加えてもらうことを目標にお話したらいいとおもいます。


Fujiさんのコメント
質問の見出し部分に脱字がありました。申し訳ございません。

なぽりんさんのコメント
パソコンからアクセスすれば見出し部分も訂正できます。

2 ● 味わい
●200ポイント

自分はちょうど最近TOIECの勉強をはじめた初心者ですが、
勉強の時間は確保したけどうーん、何をやろう。ってなったときは、持っているTOIEC本を適当に開いて読んだり説いたりしてみる。
でもこの一時間何を理解したのか・点数につながる勉強ができたのか、よくわからないときが多々あります。

なので、これをこういう感じでこれだけやれば、こういう問題で点が取れるようになるよみたいに、少しでもわかって勉強できたらいいなというのが日頃思ってることです。


3 ● 吉野サクラ
●200ポイント

受講者は自慢話じゃなくてスコアアップのノウハウを知りたくて来るのだから、
「一日X時間勉強しました」とかじゃなくて、独創性があって裏技的な「XXを使って勉強した」という話がいいですねー
私なら、ボキャブラリーUPの方法が知りたい。「暗記カード作ってひたすら覚える」とかいう話だとがっかりしますね…

1.課題トップ2
・ボキャブラリーUP
・アウトプット能力を磨く(言葉がでてこない)

2・TOEICに対して抱えている不満は何ですか?
・全体スコアだけじゃなくて、各セクションごとの成績が欲しいです


4 ● tak
●200ポイント

1.「TOEIC学習、ひいては英語学習全般において、あなたが抱えている(いた)課題トップ2は何ですか?」

英語の基本的な統語論など、 それが分かったつもりになっても全然分かってないことなど
語彙が思ったよりも増やせないこと


2・「もし、あるのであれば、TOEICに対して抱えている不満は何ですか?(受験費用が高い、2時間はしんどいetc)」

リスニング,聞き取りが非常に難しい時がある事です。








やはりセミナーに求められる内容は、
具体的な勉強方法だと思います。
本当に、あなたがどのように勉強したのかの方法を


5 ● jackal3
●200ポイント

高校で英語をちゃんと学んだ人にとっては、ヒヤリングにつきます。
すごく優しい文章で、何度も聞いて耳を英語に慣れさせること以外にないです。

高校での筆記試験で60点以上取れない人(英会話の前にそもそも文法や単語力がない人)が、英会話習得希望者に紛れ込んでいるので、教育方法や学習方法が多岐にわたってしまうのです。

ある程度まともに勉強して高校や大学を卒業した殆どの人にとって、非常にやさしい文章のヒヤリング能力向上のみが学習課題だと思います。

2個目の課題は、ゆっくり筆記であれば文法を正しいものに変換できる人にとって、課題は、とっさのめちゃくちゃな文法(単語の羅列)でも、それで問題がないと聞いてくれる環境の取得です。
とっさに喋って文法を直されると、そんなこと当然知っているよと、言いたくなります。まずここから(なんでもいいから言うから)入らないといけないと思います。

TOEICに対する希望はありません。完璧です。
セミナーの聴衆を3種類くらいに分けて、その人に合った講演をしないといみがないかも。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ