人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

部屋の天井からつりさげる照明具ですが、中に入れたドーナツ型蛍光灯が、ジーンと音がします。最初はそれほどでもないのですが、しばらくするとだんだん音が大きくなっています。蛍光灯の問題でしょうか、ならば買い換えればよいと思いました。
照明具自体であれば、蛍光灯を買い替えても無駄だと思って、投稿しました。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答2号
ベストアンサー

http://www.tlt.co.jp/tlt/lighting_design/renewal/time_to_replace/lifespan.htm

https://e-f.jp/denki3/syoumei_rekka.html

二つの可能性があります。

一つ目は蛍光灯そのものが劣化している可能性。
環境や使い方にも依りますが、だいたい6000時間から12000時間で光束が減少し、不安定になります。
この場合は一般に市販されている交換用の蛍光灯を規格を合わせて買ってきて交換するだけです。
点灯管式なら点灯管も同時に交換する方がお勧め。
高い物でも数千円でしょう。

二つ目の可能性は安定器が不安定になっている場合。
この場合は器具そのものの寿命と考えてください。
平均的な使用状況で、だいたい10年くらいで安定器が寿命を迎えます。
それ以外の部品も劣化しているので、安定器だけ換えて何とかしようとしても難しい。
もちろん内部の部品交換には資格が必要です。

ホームセンターや家電量販店の店頭でLED照明が主流になってからもう数年が経ちました。
たぶんあなたの部屋の蛍光灯も10年くらいは経っているんじゃないかな?

安定器の劣化を測るものさしとして、蛍光灯の電極の汚れ具合が使える。
ある程度汚れてきたら蛍光灯の替え時が近い。
この間隔が新品の頃には1年くらいかかっていたのが数ヶ月になると器具そのものの寿命が近いと言える。
新品の照明と比較すれば暗くなっているのが一発で分かるんだが、新しいのを買ってきたら普通はそっちに換えることになるから比較のしようがないな。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございました
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ