人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ガラスコップを洗ったあと、食器棚に置いて乾かす。。。洗うとき、お湯を使うと、そのあと、水キレが良い、ということがあるようなのですが、、、それはいったい なぜでしょうか。
表面張力が、水は温度によって違ってくる、など、何か理由があるんでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答2号

人力検索してきました。^^
こちらにあります。
水は15℃から蒸発を始め、温度が上がるのに比例して蒸発しやすくなるそうです。


2 ● 匿名回答3号

表面張力は粘度と関係があります。
粘度計/純水の粘度、動粘度および密度
こちらで純水の粘度を見ると、10度(冬の井戸水)と40度(皿洗いの温水)ではおよそ2倍違います。
温水のほうが粘度が低く、表面張力は小さいので、よりすんなりと重力にしたがって水受けへおりていってくれます。

粘度が高く表面張力が大きい冬は、水玉になって壁面にとどまりがちということです。

もちろん1号さんのいうように皿に残った余熱での蒸発というのも無視できない要素でしょう。
コメントにある界面活性剤は残らないようにすすぎ洗いをするので違うとおもいます。


3 ● 匿名回答4号

状況によって違うので断言はできませんが、洗ったあとにわずかに残された油脂などの量が違うからじゃないでしょうか?

手の皮脂だけでなく、ドリンクにも何らかの形で油脂成分が含まれています。
レモンにさえわずかな油がある。

また、油脂だけでなく様々な成分はお湯への溶融と水へのそれでは、かなりの差がある。
結果として、食器表面に残された水分に含まれる残滓が表面張力を増やす働きをしているんじゃないでしょうか?

ちなみに私は夏場は暑いから温水は使わないで、洗ったあとの食器は一つずつ水分を拭き取るようにしています。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ