人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

リオ五輪閉会式はARが使われていたのですか?
ただのプロジェクションマッピングとどう違うのでしょうか?
会場のみんながヘッドマウントディスプレイを付けていたようには見えませんし、あの場にいた人にはどのように見えていたのでしょうか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:コンピュータ 趣味・スポーツ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

プロジェクションマッピングは現場で裸眼で見せるもの。
AR映像はメガネとかモニターとか配信映像の中で見せるもの。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。私もそのような常識を持っていたのですが、リオではMagic leapのような裸眼ARが使われたのか気になっています。技術としてはあるようですが・・・https://www.youtube.com/watch?v=vZRFcGrrsyc

匿名回答1号さんのコメント
そのリンク先、合成でしょ

匿名質問者さんのコメント
周りの人も特にゴーグルを掛けているわけでもありませんし、 Magic leapについて合成ではないと書いてあります↓ http://wired.jp/2015/10/22/magic-leap-augmented-reality/

匿名質問者さんのコメント
あれからもう少し調べてみると、他にも気になっている人がいるようで、実現していたような・・・ ただ、実物を見たことがあるわけではないので確信が元ませんが。 「会場にいた人は点と線ではあれど、空中にCGが浮いていてホログラムのいうになっていた…と聞きます。」引用http://whitegame.hatenablog.com/entry/2016/08/23/233308

匿名回答1号さんのコメント
合成だよね。

匿名質問者さんのコメント
私も合成だと思っていましたがオリンピックもそうですがメガネなしのARらしく詳しい情報が知りたく思っています。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ