人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

相模原の障碍者施設での殺傷事件では、46人が死亡か重傷となってます(19人の死亡がすぐに確認されてます)が、なぜ、10人の殺害容疑で逮捕、9人の殺害容疑で再逮捕、9人の殺人で起訴、となるのでしょうか(ニュースによる。不正確でしたら済みません)。19人は死んでおり、「殺すつもりはなかった」という発言もないですから、19人分の「殺人罪」という事にどうしてならないのか、と思いました。また、他の重傷の方27人についても、容疑者は殺すつもりで、傷害を与えたので、殺人未遂であって「殺人罪(殺人未遂)」となるのではないか、と思えます。ほかに軽傷の方もいたかもしれませんが、その場合、この人達へも、傷害を与えたという意味では、殺人の着手があったことは明らかですから、46人の「殺人容疑」ではなく、もっとたくさんの大量殺人容疑とはならないのでしょうか。軽傷の方についても、何人が軽傷を負ったかわかっている筈です。
さらにいうと、お店で凶器を買った時点で「殺人の着手」と考えれば、もっとたくさんです。
法律に詳しくないので、不思議に思いました。どうして、「9人」に抑えたんでしょうか?



●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答2号

http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/775581620255bc18424eeeb1586d7210

9人というのは東側病棟の死者数のようです。

ある罪で起訴して拘留し、
拘留期限が迫ると別の罪で起訴して拘留期間を延ばす
というのは警察の常套手段だと思いますが。


匿名質問者さんのコメント
拘留期間の延長のためなのですか。ありがとうございました。 極端に考えれば、殺人一件ずつ、逮捕すれば、随分ながく交流できるということですね。 独り言なのですが、法の趣旨から考えると違和感あります。たぶん、容疑者を長期に拘束することが問題だとかいう趣旨なんだと思います。 短い時間できちんと調べることができなければ、容疑者が逃げ切っていまいかねないような法律って問題だと感じました。 法律の使い勝手が悪いので、こんな、テクニックを使うことになるんだなと思った次第です。

匿名回答2号さんのコメント
質問文にも含まれていましたね。 「再逮捕」というキーワードで検索するならば、 同様の事がけっこう頻繁に行われていて、 テレビのニュースでも知らない間に普通に耳にしていたんだ、 というのを嫌でも実感できると思います。

匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。たしかにおっしゃる通りにて、「再逮捕」ということばをいままでも聞いていました。その時は、同じ容疑で、再び逮捕なのかな、延長させるために、、(つまり一度に長い勾留期間は認めないので、小出し小出しに行う)、、というふうに漠然とですが、理解しておりました。別の事由で逮捕する(最初の逮捕とは別の容疑で、別の逮捕を行う)というふうには理解してはおりませんでした。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ