人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

物流や小売業でSKUという言葉がありますが、用語で商品の種類(型)を表す言葉はありますでしょうか?

たとえばビールで言うと同じラガーでもSKUでは250ml, 350ml, 500mlとある訳ですが、そういう細かい単位ではなくラガーと一番搾りで売り上げを比べる場合などの、ラガー、一番搾りを差す名称です

よろしくお願いいたします、

●質問者: eggi
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● a-kuma3
●100ポイント ベストアンサー

「アイテム」という単語が使われます。
日本語だと「品目」という単語が使われます。


中華捜査官さんのコメント
SKU=Stock Keeping Unit 商品の在庫計算単位を表す簡称です。 しかし、同じ商品でもSKUも細かい格差があります。 例えば、同じメーカー、同じブランド、同じシリーズのTシャツでは、S、M、Lのような様々なサイズに分かれています。その場合には、区別しやすいために、SKUにはサイズの表記を追加することがあります。 LAGER250ml、LAGER350ml、LAGER500mlのようなアイテムで分類します

eggiさんのコメント
ありがとうございます。 「アイテム、品目」ですね! 実際の運用上の知識は、なかなか今の職場で聞かないことは知識として触れることがないので、勉強になりました。 ありがとうございます!

a-kuma3さんのコメント
システム屋さんとしての立場ですが、物流はやったことがあります(ちょっとだけ)。 「アイテム」って普通の単語じゃないですか。 で、 >> LAGER250ml、LAGER350ml、LAGER500mlのようなアイテムで分類します << みたいなこと言うと、お客さんに「違う」とか言われちゃうわけですよ。 用語が不正確だと、他のこと(システム屋さんよりの話題とか、ぼくの方が詳しいのに)も信用してくれなくなっちゃうので、紛らわしいから「品目」って言うようにしました。 システム的には商品マスタから始まって、基本 SKU の単位です。 ソースのレビューとかやってて、商品マスタの一行を表す変数に item とか書いてる((物流じゃなければ、当たり前にする命名です))と「違う」なんて指摘できるようになったときには、心の中で「あ、物流に慣れてきたかも」とか思ったりしたもんです。

2 ● Harlock
●100ポイント

私は物流の仕事は少し長いですが、ちょっと違うような・・・。

まず、アイテム(品目)は商品の最小販売単位です。
たとえば、ラガーの250ml缶、350ml缶、500ml缶はすべて別のアイテムです。
次にSKUはパック単位です。
同じラガー350ml缶でも単品売りもあれば、6缶パックもあれば、24缶の1ケース
もあります。
質問にあるのは、ラガーと一番搾りの区分けを指す言葉ですから、それは「品種」
が適当ではないかと思います。ただ品種はカテゴライズなので、モノによっては
「大品種」アルコール飲料、「中品種」ビール、「小品種」各銘柄、などのように
なっているかも知れません。
品種は数量や分量での区分けは無く、同じラガービールなら250mlも350mlも500ml
もなく一緒です。何故なら工場では、分量に関係ななくまとめて作り、最後の充填の
時点で初めて分量の違いが生じるからです。

私の経験はメーカーの物流(ビールを例に書きましたが、ビール業界というわけではありません)で、偏りがありますから、流通業界に詳しい方から回答があると、より正確な気がします。

ご参考になれば幸いです。


eggiさんのコメント
ありがとうございます。 品種ですね!大品種、中品種、少品種とカテゴリーに分けているのは聞いたことがあります。 販売分析などに使う場合はやっぱり大中小といった風にカテゴリー分けするのが一般的なのでしょうか。 私も色々な方のご意見を聞いてみたいです。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ