人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

希少価値、記念と憂鬱
記念コイン、記念切手などの希少価値物品の購入意欲は、写メと3Dプリンターの出現により、今後どんどん少なくなるとおもいます。額面500円の記念コインは額面500円のまま、自販機で使いづらいので電子マネーに両替して終わるでしょう。

よく考えると人生も記念すべき行事など、本当は残っていないようにも思います。
他人との美的センス確認作業のマイルストーンとして、100フォロー、100ブクマ、コンサート限定販売物、握手券の購入などの自分の趣味や思い入れの上で起こる出来事の記念か、
自然が相手の記念、たとえば初めて植木が花をつけた春、子供が歩けるようになった日時、などだけが残るような気がします。(震災などの災害は記念ではなく記憶だと思うので一応除きます)

この時代における「記念」とはいったいなんでしょうか? わたしたちは何を記念し祝ぐべきでしょうか?
アメリカの大統領や都知事が女性になってもあたりまえとして受け止めるべきですし、
そろそろ記念すべき日なんてものはないのかもしれません。
一緒に考えて下さい。それか、あなたの記念を教えて下さい。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会 人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

そもそも全ての記念に対して祝う必要はないのでは?
時代云々ではなく、あなたが祝いたいと思う事だけを祝えばいいと思います。


匿名質問者さんのコメント
全てというよりわたしのカードはもう残っていない、ゼロであるような気がするので、 あなたのを教えて下さい。 たとえばこれから彼女・彼氏ができたら付き合い始めた記念日、相手の誕生日くらいは祝おうと思うものでしょうか。 これから子孫がうまれたら、その誕生日を記念すべき日とおもうのでしょうか。 ケーキを買ってきたり花束を買ったり新聞を残しておいたりするのでしょうか。 なんだかどれもしっくりきません。

質問者から

http://q.hatena.ne.jp/1464672273
わりと最近に、こんな質問もあったのですね。おめでたいことです。(水を指す気ではありません)
ちゃんと日付のものもとっておけたのでしょうか。
特別と平等について考えてしまいます。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ