人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

皆さんにお聞きしたいんですが、ある海外企業が日本で現地法人を設立したのに、親会社からは現地法人にいる社員の個人口座に仕入れした商品の代金を振り込んで、又その社員は自分の口座からそのお金を引き出して、現金で払っているとの事ですが その行為は 現地法人とその社員にどんな影響ありますか?
宜しくお願い致します。

●質問者: satolidong
●カテゴリ:ビジネス・経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou

だいたいが、こういうのに詳しい人が回答してくれると思っていたんだが、あまりにも常識過ぎて回答が付いていない。
質問者本人が内部告発のつもりで投稿したんじゃないか?・・って疑いすらある。

私に分かる範囲で言うと、決算の期末には「普通の会社」は口座を開設している全ての銀行から期末日の最終の残高証明を取り寄せる。
銀行に証明してもらって決算内容に間違いありませんって主張するわけだ。
この残高証明の口座が個人名義だったとしたら、税務当局がどういう反応を示すか・・・。

次に個人口座の取引内容が通常はどういうものであるか・・?って、皆さん知っていると思う。
入金は給料や税金の払い戻しとか株式の配当金とか保険金の受け取りとか・・。
出金は自動引き落としで税金や公共料金やクレジットカードの引き落とし等々・・・。
こういう口座に外国からの巨額の入金が屡々あるとする。
もちろん、会社の出金も多々ある。
個人と法人の区別が付くのは当人だけ・・当人ですら危うい。
だいたいが本人の所得はどうなるんだ?

個人所得と法人の会計は峻別するべきであり、単一口座で雑居させると区別が曖昧になる。
法人登記して納税している会社が銀行口座の開設ができないわけはなく、例えば北朝鮮との取引専門の会社などは排除されるが、そうでなければ言い訳にならない。
また、国家により規制されている分野であれば、個人口座での曖昧な取引は外為法や商法などに違反するおそれがある。

誰か詳しい解説してくれることを望む。


2 ● odacom1126

特に、中国とのやりとりで多い事例だと思います。中国へ輸出する中小企業は多かれ少なかれこんな事例に当たります。個人口座に入金されようが、しっかりと売上計上していれば特に問題ないと思いますよ。

ご参考ページです↓
http://units-cp.com/blog/2016/01/10/124/

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ