人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

砂糖入り飲料に課税を=肥満、糖尿病対策訴え―WHO は正しい主張ですか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161011-00000125-jij-int
でニュースになっていたのですが、砂糖と穀物(白米など)は、GIを見ると大きな差が無く、同じ程度、糖尿病への影響がある気がするのですが、なぜ、砂糖のみWHOは取り上げているのでしょうか?

砂糖のみが悪いという主張がいまいち分かりません。
WHOに反論したいわけではなく、WHOはなぜ砂糖のみをターゲットにしたいのかその根拠が知りたく思っています。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

ご飯は500mlを一気飲みできないから。(いしちゃんやぎゃるそねなどは除く)


2 ● 匿名回答2号

米と比べる場合には「嗜好品だから」ではないかと思われます。


3 ● 匿名回答3号

「砂糖」をターゲットにしているのではなく、「砂糖入り飲料」をターゲットにしているのですよね?
やはり、食べ物より飲み物の方が気づかずに大量に摂取できてしまうことと、砂糖入り飲料については、人工甘味料で代替する技術が確立しているからなのではないでしょうか。
大国であるアメリカで問題になっているという政治的な理由もあると思います。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ