人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私は猫背が酷く、机に向かっているとすぐに姿勢が崩れてしまいます。
長時間集中することが出来ず、背中が曲がってしまいます。
姿勢矯正用のクッションを使っているのですが、こちらも効果がありませんでした。
姿勢矯正用のサポーターなどを考えておりますが、効果的な方法はありますでしょうか。ご教示いただけますと幸いです。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

机の高さが実際に必要な高さより低いとどうしても猫背になります。
学習机など高さを変更できる机で上限いっぱいに設定しても、
日本人の体格がよくなっているのでとどかないこともあります。
そのためにお使いの机が「猫背でないとつかえない机」になっている可能性があります。

自分の身長から机や椅子の高さを算出 - jsdo.it - Share JavaScript, HTML5 and CSS こちらで算出して適切な高さになるようにしてください。
欧米人データが元になっているため、足が短い人、座高が高い人などはもうすこし適当にずらしてもいいです。

また、スマホゲームをやってメガネが必要なほどの近視になっているのに視力矯正していないばあい、
どうしても顔を画面やノートにちかづけてしまいます。
メガネを買い直しましょう。


2 ● 匿名回答2号

猫背には二通りあります。
一つは筋肉が縮んで骨格全体が歪んでいる場合。
もう一つは身体全体の癖として猫背の姿勢でいる場合。
特に後者の例は女性に多い。
典型的な例として子供時代に胸を恥ずかしがって背中を丸めた姿勢になってしまった人が多い。
つまり身体は柔らかいので癖を直せばいいわけです。
そういう意味では矯正サポーターなどは効果があることもあります。

できれば背筋を伸ばす訓練をするのがお勧め。
全身鏡があれば理想的ですが、自分の姿勢を毎日チェックされることをお勧めします。
膝を揃えて、左右均等に、顎を引いて、腹を引っ込めて、胸を張って、真っ直ぐに立つだけです。
また、真っ直ぐに立った姿勢から、足を肩幅に広げて、両手を前に水平に伸ばし、そのまま沈み込む(できるところまで)といったポーズが鉄板ではあります。

自分の身体を感じるところから始めないと基準が分からない状態では姿勢の矯正は難しい。

更に言うなら、歳を取って身体が硬くなってしまった人はストレッチを頑張るところから始めるべきでしょう。
なお、デスクワークが多いようですが、1号さんが指摘しているように、椅子や机が適合していない場合も多いのですが、正しい姿勢を身体が感じることができなければ椅子の調整等も基準がない状態で難しいでしょう。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ