人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


数年前から、朝夕の目薬が日課ですが、なかなか完遂できません。
はじめに、眼科医院で看護師に「今月は95点でした」と答えたところ、
便利がられ、毎月「今月は何点でしたか」と聞かれるようになりました。

月に60回なら、一回の点数は 100/60=1.66666667 なので、95点ならば
3回休み(3:60=5:100)のはずです。すると2回休みなら 96.6667点で、
1回休みで 98.3334点となって、とても面倒です。

いままで無造作に「96点でした」とか「97点でした」とか答えたのは、
統計数学的に、誤っていたのでしょうか。
(なるべく日常語で説明してください)

Ex libris Web Library;目薬の使い方について
https://www.alcon.co.jp/eye-health/eye-care-eye-drop
監修:東京警察病院薬品情報室:甲斐田 征己先生

1479311478
●拡大する

●質問者: adlib
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Mad-Tanuki
●100ポイント ベストアンサー

結論から言えば、あなたの評価法は統計学的に意味があることだと思います。

あなたの評価法は、自分の主観で、自分の目的がどの程度達成されているかを量って、評点をつける形になっています。
このとき目的達成具合を評価しているのは常に「あなた」という同じ人間です。
もちろん感覚的に評点をつけているので、一回一回の評価には誤差が含まれますが、それをずっと続けて行って、グラフにすればそれは意味のあるデータになります。
グラフの推移を見ることで、あなたが医者の指示をどれくらい守り続けているのか、だんだん守らなくなってきているのか、といったことを知ることができるからです。
それがわかっているので、看護師さんも毎回聞いて、メモを取っているはずです。

もちろん、達成率をきちんと数えて、評点ではなく%で表せばデータの精度はずっと高くなります。
ただその時に得られるグラフの形と、あなたが自分の感覚だけで作ったグラフの形は、かなり似た形状になると思いますよ。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ