人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

エンジニアです。数ヶ月前、新卒入社半年で会社を辞め転職したい旨を申し出たところ、強く引き止めを受けました。
勤務のスタイルが自分には合わず、また他社からのオファーの方が平均で年収+150万と魅力的だったためです。仕事自体は嫌いではなくモチベーションはあるため、体を壊さないうちにと決断したものです。
条件さえ良ければ続けたかったため、引き止めを受け現在交渉中です。今のところ、社員の中では特例となる勤務体系になっています。給与面の交渉もタイミングを見計らっているところです。

入社半年の社員に対し待遇の改善をしたり、交渉の余地を用意してくれていることは大変ありがたいのですが、「自分は辞めたい」と何度も伝えているにも関わらずそれでも引き止めたいのは何故なのでしょうか? 会社にとって利益があるのでしょうが、自分自身を正しく査定できていないのではないかと不安です。
会社にとってヒューマンリソースはどれだけ価値があるものなのでしょうか? 何を期待し引き止めをするのでしょうか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:就職・転職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

質問者から

http://q.hatena.ne.jp/1480203375#c290295 のコメントを受け、補足致します。
退職届は既に人事へ渡しております。また、給与交渉については「給与面に不満があるなら具体的な金額を提示してください、相談に応じます」と伝えられています。


1 ● 匿名回答3号

カウンターオファーの意味と、受けたときの対処方法。|エンジャパンの転職大辞典|エン転職


2 ● 匿名回答5号

ちゃんとできるITエンジニアなら、いまは人不足なので引き止めはふつう。給与に関しては、転職先と同等以上でないと意味がないと思いますが、昇給の確約が取れないようだったらさっさとやめたほうが良いです。確約というのは、覚書(おぼえがき)など書面で残すことを意味します。のちのち法的効力を発揮しますので。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ