人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

二項分布の標準偏差について
二項分布の標準偏差って正規分布のときと同じような意味を持つと考えて良いのでしょうか
ようするに平均プラマイ標準偏差の範囲に標本が収まる確率68%というのが正規分布の場合でしたけどこの話は一般に言えるのでしょうか
できれば他の分布についても教えていただいきたいです


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :回答受付中
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

> ようするに平均プラマイ標準偏差の範囲に標本が収まる確率68%というのが正規分布の場合でしたけどこの話は一般に言えるのでしょうか

B(n, p)のnが大きいときに近似的に言えます。

> できれば他の分布についても教えていただいきたいです

n回独立試行の平均を考えれば、nが大きいときに近似的に言えます。


なお近似でなく、分布によらずに一般に成り立つのはこちら。
https://ja.wikipedia.org/wiki/チェビシェフの不等式


匿名質問者さんのコメント
あーなるほど、チェビシェフが一番緩くてそっから条件を厳しくしたら正規分布の場合みたいな感じなんでしょうね よく分かりました有難うございます
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ