人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

美談の岐路 ? 東京から200キロ、タクシーなら約6万円 ?

ジョー・新島(32)が、アメリカの教会で熱弁をふるった。日本での
学校設立資金に、たちまち5000ドル(現在の1.5億円?)が集まった。
老農夫も現われ、帰りの汽車賃2ドル(6万円相当?)まで寄付した。

1480533469
●拡大する


●質問者: adlib
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :回答受付中
└ 回答数 : 20/20件

Q01.あなたならどーする ? ほんとに歩いて帰っちゃうの ?
A. 老農夫に感謝して(泣きながら)受取った。
3
A. 周囲の人に呼びかけ(さらに多くの)献金を募った。
1
A. そんな金は受取れない(老人に歩かせるなんて)と断わった。
8
A. 受取ったことにして、白紙の領収証を書いた。
4
A. さらに老農婦が現われたので、三方2ドル損となるよう振りわけた。
0
A. 実は、老農夫も老農婦も“やらせ”で雇っていた。
1
A. 着払いで帰れるよう、汽車の車掌あてに嘆願書を書いて渡した。
0
A. このエピソードを(のちのち)感動的に書いた本を出版して儲けた。
1
A. この話に感動した学生は、創立130年後の130マイル徒歩に挑戦した。
0
A. その他(コメント欄へどうぞ)。
4
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ